趣味の習い事カメラ教室レッスンノート カメラの基本から

カメラの基本から

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は、体験レッスンお疲れ様でした!

ウェブのお仕事で、載せる写真をもっと上手く撮りたいとのことでしたね。

使うカメラがいろいろなメーカーがあるとのことだったので、まずは、どのカメラでも、基本のところは同じなので、絞り、シャッタースピード、感度のお話からさせていただきました。
この3つは、写真の明るさ(露出)を決めるためのもので、それぞれ写真の質に影響を与えます。

絞り⇨被写界深度(ボケ味がかわる)
シャッタースピード⇨ブレて見えるか、止まって見えるか。
感度⇨粒子感がかわる

絞りを自分で決めて他はオートとなる、絞り優先オート(Av)を、おすすめしました。
ボケ具合をどのくらいにしたいかを絞り値で決めて、撮ります。明るさがきにいらなければ、プラスマイナス補正で、明るさを設定します。

カメラ設定としては、まずはこれで慣れて見てください。

慣れてきたら、次は、レンズのズームを変えてみる、色を変えてみる、フォーカスの合わせ方をカスタムする、などなど…カメラ設定で出来ることはまだまだあります。

設定とは別に、写真にとって最も大切なのは、光です。どんな光の状況でとるのか、場所によって最適な状態を作ることで、撮る写真も見え方がぐっと変わってきます。
次回はその辺りもお話していきたいと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta