趣味の習い事カメラ教室レッスンノート お疲れ様でした。

お疲れ様でした。

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

主にシャッタースピードと絞りのお話をさせていただきましたね。
どちらも2つの機能がありましたね?
・光の量のコントロール(時間と通る道の広さ)
は共通で
シャッタースピードは動きの表現
絞りはボケのコントロール
の機能をそれぞれ持っています。
シャッタースピードの下限はズームした数字に合わせて「1/焦点距離」でしたね。
もちろん自分が表現したいものがあるのなら、それより遅くても構いません。
また、感度も同じように光の量のコントロールを担う機能でした。
ただし、数字を上げれば上げるほど画像は荒れてきます。
自分の中で基準を設けて設定してみてください。

この3つの機能は写真の構成要素ですので、避けて通れません笑
はじめはよく分からないかもしれませんが、撮るうちに理解できるようになるものです。
楽しみながら学んで欲しいので、肩の力を抜いて、そのうち自然に覚えるさ!くらいの気持ちでいてくださいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

撮影ノウハウの連載コラムを担当。ポートレート写真の腕を磨きたいなら

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta