趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 写真の基本について。

写真の基本について。

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン、楽しんでいただけましたか?

今回は、
カメラの設定やレンズのの違いによる写真の写り方の違いについてレッスンしました。

その中でも、
まずはレンズによる写り方の違いを体験しながら感じていただきました。

広い範囲が写ったり、遠くのものが大きく写る以外の、
ズームレンズの写りの違いはご理解いただけましたでしょうか?

写真の明るさもピントもオートで設定することは可能ですが、
どういう絵作りをするかは、カメラはオートではやってくれません。

どんな風に撮りたいかをイメージして、
その写真を撮るために、
イメージに近い写り方をするようにカメラやレンズを操作していく。

それによって、
自分の感情や感覚表現をして人に写真というビジュアルにして伝えていく。

そこが写真の楽しさだと思います。

まずは、
気になるものにカメラを向けてレンズを操作してシャッターを押してみましょう。

広角で撮ったり、望遠で撮ったり、
自分好みの絵作りが見えたらしめたものです。

その、
好みの絵作りになるようにするための設定を覚えておきましょう。

そうすれば、
どんな対象にであっても、

自分の思い通りの写真の中に閉じ込めることができるようになります。

まずは撮ってみて、
自分のイメージとの違いを分析して、
その差を埋める技術的な方法をレッスンしていきましょう。

カタチや色彩への基本的センスは素晴らしいと思います。

あとはカメラの特性を覚えて、
そのイメージに近づけられるようにすれば、
どんどん素敵な作品が生まれると思います。

これからも楽しみながらレッスンしていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座
川上博司 (カメラ)

渋谷・新宿・立川・西国分寺・吉祥寺・三鷹・国分寺・市ケ谷・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・武...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta