趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 写真が上手に撮れるポイント

写真が上手に撮れるポイント

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。
本日は体験レッスンということで、写真が上手に撮れる
ポイントについてお話ししました。

1.光を読むこと
  サイド光、半逆光、逆光で撮影されると、奥行きのある
  立体的な写真が撮れます。
  順光での撮影は今日から暫くやめましょう。

2.単焦点レンズの使用
  単焦点の50mmレンズを購入され使われていました。
  F1.8と明るく、非常に幅広い写真が撮れるレンズです。
  画質もよく、APS-Cサイズですと75mm相当の中望遠
  になりますが、癖のないレンズです。
  専用でこのレンズを使ってみてください。

3.構図について
  今日お話しした3分割構図を意識して撮影されるとバランスの
  いい写真が撮れます。

4.ホワイトバランスはAUTOよりも、晴天(太陽光マーク)
  でご使用ください。
  AUTOですと、ちょっとのアングルの違いでばらつきます。
  また、夕焼け、白熱灯での雰囲気が出ません。

5.なるべき被写体を切り取ることを念頭に、一歩前に出て撮影
  被写体を切り取ってください。

 以上、5つのことを意識して撮影するだけで、写真が変わって
 きます。  
 早々のご入会ありがとうございます。  ヨコヤマ
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta