趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 絞りの話、これからの話

絞りの話、これからの話

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!
ブログなどで写真を使うのに、今持っているカメラで上手く撮れるようになりたいとのことでしたね。
絞り、シャッタースピードが、マニュアルカメラのように配置されたFUJIFILMのカメラ、最高に使いやすいと思いますよ!!
私がかなり好きな感じのカメラでしたので、テンションあがってマジマジとカメラを触りまくって、失礼しました(*^_^*)
絞りとはどういうものか、を、今日はお話いたしました。
絞りは、被写界深度を操作しながら、写真の明るさを調整するものです。
人物の背景をボカしたい、風景をきちんと撮りたい、などの用途に合わせて、絞り値を決めていきます。
シャッタースピードをオートにしておけば、明るさの補正は、プラスマイナスのダイヤルでできます。

ピントの合わせ方、フォーカスモードの変え方も、みていきましたね。
絞りが浅くなればなるほど、ピント位置はシビアになってきます。
見せたいところにピントを合わせられるように、練習してみて下さいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta