趣味の習い事カメラ教室レッスンノート デジタルカメラの仕組み

デジタルカメラの仕組み

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。今日は、あらためてデジタルカメラの仕組みとレンズの特徴についてお話ししました。

カメラはボディとレンズから成り立っています。レンズには光学的な性能があり、ボディにはデジタル処理の能力がります。それぞれをよく理解して、上手に使いこなしましょう。

レンズ側で留意すべき点は
①焦点距離
②開放F値
③最短撮影距離

です。これはレンズそれぞれで異なっており、レンズの光学的な基本性能を表しています。
自分が使っているレンズが基本的にどのようなレンズなのか、まずこの三点を確認しましょう

またレンズをどんな使い方をした時にどのような写真が撮れるか、これを把握することが大切です。
そのためには
④開放F値で撮影したときの画質
⑤周辺光量の低下がどれくらい発生するか
⑥歪みがどれくらい発生するか
⑦もっとも解像度が高くなるF値はなにか

これを把握してください。

ボディ側の性能は大きく分けると「画質」「処理」「フォーカス」に分けられます。
「画質」はセンサーの性能、
「処理」はボディ内の映像エンジンの性能、チューニングの仕方
「フォーカス」はオートフォーカスの速さ、正確さなどです。

レッスンでは、目的に応じてこれらの項目を見ながら、
どのようなセッティングで撮影したらいいかを実践的に見ていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta