趣味の習い事カメラ教室レッスンノート デジタル一眼レフカメラの基礎操作とAモードでの撮影

デジタル一眼レフカメラの基礎操作とAモードでの撮影

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!
今回はまずカメラの基本操作としてAモード(絞り優先オート)での撮影方法を確認していただきました。
しっかりと復習して身につけていってください。

本レポートでは別の観点から、なぜ絞り優先オート使うべきなのかを少しご説明しておきます。

「写真は階調のアートである」と言われます。階調とはグラデーションとか色や明るさの変化(のキメの細かさ)です。

写真はモノクロなら、陰影、明るさの変化で被写体を表現します。カラーはそのに色の変化(色の濃さの変化、色合いの変化)が加わります。このとき、階調が豊かである ことが、写真のクオリティを決める大きな要素になります。

ではこの階調を豊かにするように撮影するためにはどうしたらいいでしょうか。

まず適正な露光値(写真の明るさ)を得ることです。適正な明るさとは、人間の見た目とほぼ同じような明るさに見えることですが、カメラが計算するときにはどのように行っているかというと、
ある濃さのグレーの色(反射率18%のグレー)がその濃さに表現されるように写真の明るさを決めています。

つまり、適正な露光値をセットして撮影すると、出来上がった写真で、被写体のグレーの部分が同じ濃さ(同じ暗さ)に写っている「はずだ」、というわけです。

さて被写体には様々な反射率の部分があり、明るい部分、暗い分、白い部分、黒い部分、赤、青、などことなる明るさ、色が混在している場合が多いです。カメラは画面のすべての部分の明るさ(反射してくる光)の性質をいろいろ計算して、全体の明るさを決めていますので、時としてその答えが間違ってしまう場合があります。間違いというより、撮影者の予想と外れてしまう、あるいは、被写体の持っている自然な明るさと違って写ってしまう、場合があります。

このときに、露出補正機能を使って、カメラの判断よりも明るく、または暗く撮ることで、
思い通りの明るさに仕上げることができます。

シーンモードなどですべてをカメラにお任せすると、この露出補正機能が使えなくなります。
目的にかなった適正な明るさを得るためには、露出補正を積極的に使って、
写真の明るさをコントロールしなければなりません。
そのためには、AやP、Sといったモードで撮影する必要が有ります。

またASPMのモード以外では、JPG生成時の処理の仕方をカメラに任せてしまうことになります。
今回少し見てみたように、シーンモードなどであらかじめプリセットされた処理モードは、
どちらかというとその効果がはっきりとわかるように「過度に」調整されている場合が多いです。
そうしますと、微妙な階調は失われていく方向にあります。

階調を豊かに、ということは、カメラが捉え記録した写真データを最大限に損なわないようにして
仕上げるということです。そのためには、ご自身で仕上がりをコントロールしたほうがいい結果になります。

また、絞り値は、三次元の被写体を二次元に置き換えて表現する際に、「ボケ具合」をコントロールする項目ですので、どのような絞り値で撮影するかは、写真の仕上がりを決める大きな要素です。

さらに、今回見たように、「開放F値」というレンズの性能が、写真には大きく影響しますが、
レンズの性能は、この開放F値から2絞り絞った値で最高性能になることが多いです。
つまり、絞り値の選択によって仕上がりのクオリティが違うわけですね。

上記のような理由によって、まずAモードでの撮影方法をきちんと身につけていただくことが、
一眼レフを使いこなすスタートである、とお考えください。
このレッスンノートを書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta