趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 一眼レフカメラの基本

一眼レフカメラの基本

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

カメラの操作の基本をまずしっかりマスターしましょう。

①「シャッターボタンの半押し」でカメラはフォーカスを合わせ、被写体の明るさを測ります
②写真の明るさは「絞り値」「シャッタースピード」「ISO感度」の三つで決まります
③P、A、S それぞれのモードの違いを理解しましょう
④まずAモード(絞り優先モード)での撮影方法をマスターしましょう
⑤明るさの調整を身につけましょう。露出補正機能を使います
⑥ISO感度は可能な限り低く設定しましょう

絞り、絞り値とは何かをしっかり理解しましょう。
絞り値は大きくすることを「絞る」、小さくすることを「開ける」と言います。
開けると、背景をぼかした撮影が可能です。
絞ると、被写界深度が深くなります。

「明るさ」の概念を理解しましょう。
写真の明るさは、どんな光の強さ(明るさ)のもとでも、
被写体を自然な明るさで表現することにポイントがあります。
カメラは被写体が自然な明るさに見えるように調整しています。
露出補正は、カメラが考えた適正な明るさを人間が補正して、
明るく、または暗く撮る方法です。

以上、まずAモードでの撮影をマスターしてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta