趣味の習い事カメラ教室レッスンノート コンデジの使いこなし

コンデジの使いこなし

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日の体験レッスンお疲れ様でした。
買ったばかりのコンデジで此れから写真を撮るのが楽しみですね。

本日はリクエストいただきました「背景ボケの作り方」を主にレッスンしました。
ボケ味調節に一番大切なのは「なるべく主役に近づく」「主役と背景の距離を離す」の二点です。
F値の数値を小さくする(お使いのカメラの場合はF1.8~F2.8)のはもちろん重要ですが、主役とカメラとの距離が離れてしまっていると、F値を小さくしても背景ボケの効果が得られにくくなります。
更に主役と背景との距離が近くても背景ボケは得られにくくなってしまいます。
と言う事は「カメラと主役を近づけて、背景は遠くになるような構図を考える」事でレンズの持っているボケ味性能を引き出す事ができます。

更に「ズームの広角側より望遠側の方がボケやすい」のも覚えておいてください。

一時間のレッスンでなるべく速攻性の高い考え方を学んでいただきました。
少し詰め込み過ぎかも知れませんでしたが、最低限必要な事ですので予習しながら理解を深めて貰えればと思います。

このレッスンノートを書いたコーチ

実務10年以上・元デザイナーのプロカメラマン。人物・風景・商材何でも相談OK

京都カメラ教室
末光誠 (カメラ)

堅田・三条・河原町/四条・出町柳・茶山・一乗寺・八幡前・国際会館

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta