趣味の習い事カメラ教室レッスンノート フォーカスの合わせ方、絞り優先モード

フォーカスの合わせ方、絞り優先モード

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!
もうすぐ赤ちゃんが産まれるとのこと、楽しみですね!!
お持ちのミラーレスカメラ、いつもはインテリジェンスオートで撮影していたとのことですが、今日は、少しカスタムする絞り優先オートをオススメしました。
絞りとは、写真の明るさを決めているツールの1つで、被写界深度(ピントがあうはば)を変えるものでもあります。
絞りが解放に近いほどピントは浅く、絞る程深くなります。いわゆる、ボケ感がかわります。
これを、自分できめつつ、露出補正(プラスマイナス補正)で、明るさを調整することができます。
絞りと、プラスマイナス補正、この二つを操作して、写真のぼけ感と明るさを自分好みに撮る、これが絞り優先オートの撮り方です。

フォーカスの合わせ方について。
背面ダイヤルボタン左部を押すと、フォーカスエリアを選べます。これでピントを合わせたい位置を選び、シャッター半押しでピントを合わせます。
このやり方で、狙った位置にピントを合わせる事ができます。

以上のことを踏まえて、まずは、練習して撮ってみてください!(*^_^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta