趣味の習い事カメラ教室レッスンノート カメラの基礎知識

カメラの基礎知識

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日はレッスンお疲れ様でした。
カメラと撮影の基礎知識を学びました。

近々に撮影されるとの事で実践的な事もご説明させて頂きました。演奏者の撮影は光の少ない場合が多いのでブラさない設定だけを心がけて後は感覚的にシャッターを切ります。
人物は目にピントを合わせバックをぼかすと助言された事もあり、目にピントを合わせる事に集中して全体を捉える事を忘れた写真になっていました。
いつもバックがぼけている写真が良い人物写真ではないと思います。
良い写真とはファインダーに写る全ての要素がその人となりを表している写真だと思います。

ご説明させて頂きましたがピントは面で合います。
絞り込めば被写界深度が深くなり広い範圍を合わす事も自在に出来ます。
ご自身が素敵だと思った瞬間に躊躇せずにシャッターを切りましょう。

カメラ内蔵の反射光式露出計について学びました。
テキストを読み返して露出補正をしっかり見につけましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

フリーカメラマンとして活躍中。風景写真・記念写真~広告写真まで

ワハハ写真塾
正岡操 (カメラ)

住吉・三ノ宮・元町・神戸・新長田・御影

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta