趣味の習い事カメラ教室レッスンノート ヒストグラムの話と、ライティング応用編

ヒストグラムの話と、ライティング応用編

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした!

新たに撮った写真を見せていただきました、ハイキーな写真が多かったですね。
明るく飛んでしまったところは、白飛びといって、データが全くない状態になります。
白飛びしているかどうかを判断する、ヒストグラムというグラフがあります。ヒストグラムは、その写真の明るさデータをグラフ化したもので、数値的に明るさを判断できるので、液晶画面で明るさが判断しにくい時に役立ちます。
カメラ背面の液晶で撮った写真をみて、暗いな〜と思ってあけて撮り直したら明るくなり過ぎてた…ということが続く時、ヒストグラムを確かめてみる、また、カメラ液晶の明るさを調整し直す、ということをやってみてください。

ライティングについて。
いくつか、スタジオで撮った風な写真を見せてもらい、それらがどんなライティングをされているか、分析してみましたね。被写体にあたるライトと、背景にあたるライトを、別々に考えて調整すれば、白壁背景が、白にもグレーにも自在に調整する事ができます。
ぜひ、トライして見て下さいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta