趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 写真の明るさ(露出)を決める絞り、シャッタースピード

写真の明るさ(露出)を決める絞り、シャッタースピード

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。
遠いところをありがとうございました。

このレッスンノートは各回毎に内容を振り返ることができるようにコーチが記録するノートようなものだと考えてください。

では早速簡単にふりかえります。

今回は露出(写真の明るさ)について主に行いました。

写真の明るさ(露出)を決める三要素で、絞り、シャッタースピード、感度があります。
蛇口の開け具合(絞り)とコップが水で満タンになる時間(シャッタースピード)で露出のことを例えで説明することがよくあります。
理解できましたでしょうか?


カメラ任せにしてある露出(写真の明るさ)を決める「絞り」と「シャッタースピード」について簡単にお話させてもらいました。

・絞りとシャッタースピードで写真の明るさを調整している


・絞りとシャッタースピードで変わる写り方の違い


「絞り」が変わると写真がどう変わるか
・ピントの合う範囲(被写界深度)が変わってくる(例:並んだベンチの写真)
※レンズによって、絞り(F値)の幅が違います。(特に開放値・数字の最小値)

「シャッタースピード」が変わると写真がどう変わるか
・動いているモノの写り方が変わってくる(例:滝や噴水)


カメラの設定や写真の仕組みを知ることで写真に自分の意思を反映させられるようになっていきます。違う言い方をすれば思い通りの写真が撮れるということです。

焦らずに楽しみながら無理のないペースでやっていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

福岡・東京で個展を多数開催。美術館で初心者向け写真講座の講師も

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta