趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 自分の想いをカメラに伝える事から…。

自分の想いをカメラに伝える事から…。

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。

今日は、ほとんどレッスンらしき事は致しませんでした。
私の方も色々と心を引き締められるようなお言葉を
いくつか頂戴いたしまして、非常に有意義な時間を頂きました。

少しお話致しましたが、写真は最終的には
カメラに撮らせるのではなく、
自分の意志をカメラに伝えて自分の
想いをカメラを使って表現する事なのでしょう。

カメラはキャンバスの役目もしますし、
レンズは絵筆の役目もします。

昔のライカは、ただ性能が良く丈夫で作りもいいからだけで、
現在も名機として人気があるのではないと思います。

そのライカのレンズでしか表現できない空気感があるから…、
心に浮かぶイメージはあのライカのレンズでないと出せないから、
ライカとそのレンズを使う…。

当時は、カメラに自分の意志を伝えるのはもちろん、
その表現に最適のレンズはどのレンズなのか?
そんな事を考えながら作品作りをしていました。(同じ焦点距離のものにもいくつも種類がありました)
もっと言えば、仕上がりのイメージから
プリントする紙の種類も撮影前からイメージし、
現像の仕方までトータルで考えて作品作りに励みました。

そう言う意味では、
今ではシャッターを押せば写ってしまうカメラですが、
色々な部分で自分の想いや感性が、
いやおうなく影響、滲み出てしまう、
そんな世界だったと言える気がします…。

ですから、いつかはその機材自体、
グレードアップしたくなる日が来るかもしれません(笑)。

関係のないお話…、
大袈裟な事ばかりを書いてしまいました。
すみません。

とにかく、カメラの使い方から
ゆっくりと始めてみましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

音楽雑誌・女性誌・猫雑誌で活躍。あなたの写真をより美しく、より感動的に

感性で撮る!写真講座
ホリウチアキヒコ (カメラ)

京都・天王寺・鶴橋・難波・大和西大寺・生駒・学園前・奈良・高の原

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta