趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 前回のおさらい、絞り優先オート

前回のおさらい、絞り優先オート

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はレッスンお疲れ様でした!

前回のおさらいで、ISO感度、絞り、シャッタースピードについて、もう一度細かく説明をさせていただきました。
目標として、ボケ味のある写真を撮りたい、とのことから、絞り優先オートをオススメしました。
絞りを解放に近い値で設定することで、一眼レフらしい、背景にボケのある写真が撮れます。
明るさが納得いかなければ、露出補正で明るくしたり、暗くしたり。自分の好みにしてみましょう。
また、夜景も撮りたいとのこと、夜は光が足りずシャッタースピードがどうしても遅くなります。少しでもブレを減らすため、感度を1600〜3200くらいまであげてもよいでしょう。三脚がないなら、どこかに置く、肘を手すりなどについて三脚代わりにする、など、なるべく固定しながら撮るとよいと思います。

最後に、ちらっとホワイトバランスに触れましたね。
慣れてきたら、ホワイトバランスモードを変えて、色の違いを楽しんでみてください(*^_^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta