趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスン、楽しんでしただけましたか?

体験レッスン、楽しんでしただけましたか?

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は、

ミラーレスカメラでの人物撮影のコツをレッスンしました。

背景をボカした感じで撮影したいとのことでしたので、
その点に関していろいろとコツをレクチャーさせていただきました。


背景をぼかす条件としては、

絞りを開ける。(小さな数字にする)
できるだけアップで写せる望遠のレンズを使う。(mmの数字が大きなレンズを使う)
ピントを合わせたい人物と背景をできるだけ離す。

この3つの条件を使うことで背景をボカした人物写真が撮影できます。

今回お持ちいただいたレンズは、
最大の望遠が50mmで、
一番開けた絞りがf5.6でしたから、
そちら側にしたほうが背景はボケます。

ですが、
さらにカンタンに背景をぼかすには、
100mmを超える数字のレンズの望遠レンズを使うと良いでしょう。

レンズ交換が大変だったり、
広い風景も、背景をボカした写真も、遠くをアップにした写真もいろいろ撮りたいときは、
18~200mmのような、
広角から望遠までを1本で撮影出来るレンズをお勧めします。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座
川上博司 (カメラ)

渋谷・新宿・立川・西国分寺・吉祥寺・三鷹・国分寺・市ケ谷・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・武...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta