趣味の習い事カメラ教室レッスンノート まずはカメラへ気持ちを伝えよう。

まずはカメラへ気持ちを伝えよう。

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。

レッスンと言いましても
終始自己紹介や写真の楽しさや奥深さを
お話していた様な気がします。

それでも、素敵な自分だけの作品をつくるには、
自分の気持ちをカメラへ伝えて、
カメラ任せではなく、自分らしさを表す事…、
この事に関してのいくつかの入口となるような
お話をしましたね。

カメラの上部には様々なボランやダイヤルが並んでいて、
まずは、Aモード や Sモード ダイヤルを使って写真に
気持ちを伝えると作品が変わってくる事をお話ししましたね。

Aモードは絞り優先モード。
絞りを開いたり、絞ったりして
ピントの合う範囲を調整します。

例えば、絞りを開けると(F値を小さくする)ピントの合う範囲は
狭まり、お花にピントを合わせるとバックはきれいにボケます。

逆に、絞りを絞り気味にすると(F値を大きくする)ピントの合う範囲は
前後に増えて、手前から一番置くまでピントを合わせる事も可能に…。

この絞りによっての画像のコントロールをしますと、
より自分の思い通りの写真に近づけると思います。

もちろん、背景のボカし方は絞りのコントロールだけでなく、
様々な要素の組み合わせ(モチーフまでの距離、モチーフと背後の距離、レンズの焦点距離)
でも色々と調整がされます。

このような様々バランスをこれからのレッスンでやっていきたいと思いますし、
絞りの効果と+−補正ダイヤルを使用すれば、
より、自分の世界へ近づけるはずです。

今日、持ってきて頂いた作品を見せて頂いて、
確固とした自分の世界をお持ちの様ですので
カメラへの気持ちの伝え方を覚えていけば作品は
より素敵な完成された物になるかと思います。
楽しみですね。

そんなお手伝いをさせて頂ければ嬉しいです。

それでは、また。
このレッスンノートを書いたコーチ

音楽雑誌・女性誌・猫雑誌で活躍。あなたの写真をより美しく、より感動的に

感性で撮る!写真講座
ホリウチアキヒコ (カメラ)

京都・天王寺・鶴橋・難波・大和西大寺・生駒・学園前・奈良・高の原

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta