趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 「ポートレート撮影レッスン2」

「ポートレート撮影レッスン2」

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ポートレート撮影2回目の実技レッスンお疲れ様でした。
今回もお友達をモデルにポートレート撮影レッスンいかがでしたか。

大阪グランフロントでの撮影、前半は曇りでしたが、後半になって
日が差し、撮影レッスンも楽しく進めることができました。

ポートレート写真では、光、シュチュエーションが大事です。

光は前半は曇りで軟らかいポートレートに適した光の状態でした。
後半は日が差してきましたので、逆光で、レフ版を使用し撮影
しました。

写真は半逆光、逆光が一番いい表現ができます。顔は暗く表現されますので
+補正をかけてください。
TOPの髪の毛他、両肩が光で輝き、立体感が表現できます。

また、顔に強い影ができなことが、利点の一つです。

みなさんは逆光を避けがちですが、景色、花、料理の写真他撮影されるときは
積極的に取り入れてください。

今回、桜の花もちらほら咲いており、バックに入れると、季節感が表現できます。
また、赤い花をバックにぼかしてもいいと思います。

ご質問のありました、ポートレートはアップで頭の一部を切っても問題ありません。
アップでの撮影で、切っても構いません。

望遠系のレンズは大きくぼかすことが可能です。
モデルさんから離れることになり、コミニュニケーションが取ずらくなるのが
欠点ですが、積極的に望遠レンズを使用ください。

逆に広角レンズで、下から撮影すると、足が長く、スタイルが良く写ります。

また、いろいろアングルを変えて撮影してみてください。 ヨコヤマ
                        ヨコヤマ
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta