趣味の習い事カメラ教室レッスンノート トリミングによる写真の見え方

トリミングによる写真の見え方

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はまた、真冬に戻ったようですね。
寒い中、写真レッスン参加ありがとうございました。

写真卒業展に前回ご一緒に選んだ2カットを出展されたとのこと。
ちょっと気の抜けた状態かと思いますが、これからも写真を
撮り続けてください。

本日はいくつかの写真を見せていただき、トリミングを含め
アドバイス差し上げました。

1)奈良の若草山の野焼きと花火の写真、寺、山肌の向こう側に
  野焼きのシーンですが、LIGHT ROOMかPHOTOSHOPでのHDR
  を試してください。
  山肌の階調がでるといい感じになると思います。

  花火の写真で山肌が黄赤に染まったシーンは、縦位置でトリミング
  すると、なかなかいい感じになると思います。

2)火渡りのシーンは、トリミングをすると、見栄えがする写真が
 2カットほどありました。
 周りの観客(カメラマン)を焼き込んで、暗く落とすと,火が
 浮き出て、迫力が出てきます。

3)琵琶湖の白鳥他の写真、白鳥の飛ぶ姿と下の木々、赤く染まった
  雲となかなかいいシーンでした。
  全体をモノクロ調の表現(彩度を落とし)にし、雲を円形フィルター
  を使用し、色温度を7,000ケルビンぐらいにすると、雲が赤みに
  なり、モノトーンの中に、赤く染まった雲が強烈な印象の表現に
  なります。
  一度、調整してみてください。 ヨコヤマ
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta