趣味の習い事カメラ教室レッスンノート ポートレート撮影レッスン

ポートレート撮影レッスン

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

2回目の撮影レッスンお疲れ様でした。

今回はお店にお伺いし、撮影実技レッスンを行いました。
お店は雰囲気は良く、撮影場所としては、なかなかいい場所ですね。
全体に黒い壁、カーテン、天上のライトと雰囲気のあるポートレイト写真
が撮れます。

先ず、ご質問のありましたソフトBOX付モノブロックストロボをメインに
斜め後ろより、クリップオンストロボで顔サイドにアクセントライト
を入れるライティングの条件出しを行いました。

1)無線コマンダーをカメラ本体に装着、メインとサブのクリップオン
  ストロボを発光すると、サブのクリップオンストロボが
  フル発光し、オーバー目になる結果になりました。
  この無線コマンダーを使用すると、ETTLは機能せず
  フル発光するためです。
  今回は、サブストロボをMモードにし、光量を1/128まで落とすと
  ほぼ、いいレベルになりました。

  ETTLを機能させるには、コントローラーが別に必要になります。
  無線コマンダーの同じメーカーで出している、コントローラーを
  調べて、また連絡いたしす。

2)外の階段上で撮影する場合の撮影法について説明しました。
  階段横の壁に一度バウンズさせ撮影すると、サイド光になり
  立体感がでます。
  反対側が落ちますので、その場合は反対側にレフを入れてください。

3)外の廊下部分の撮影場所は、なかなか光が全体に回り、撮影には
  いい場所です。
  天上にバウンズするか、サイドの壁にバウンズされるといいでしょう。
  また、下からレフを入れると、キャッチライトも目の下から入り
  目もイキイキとしてきます。
  壁が若干黄色ですが、RAWで撮影され、現像時色温度調整をされると
  思いますが、撮影時、プリセットWBを正確に取られた方がいいと  
  思いますので、次回、WBの正確な撮り方を説明します。

 お店内でバリエーションある写真も撮れますし、ロケでストロボを
 使って撮影することにより写真の質が上がります。
 順次、説明します。              ヨコヤマ
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta