サイタ趣味の習い事カメラ教室 福岡 アサヤン写真講座 レッスンノート テーマを決めよう!

テーマを決めよう!

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 今回は中級の方でした。カメラの基本操作はお分かりのようで、一応撮れてはいるのですが、ご自身が仰るように「レベルアップしたい」とのこと。
 これまでに撮った写真を見せて頂きましたが、作例写真の羅列のようで、一貫性がなく、且つ、一枚モノの写真としては未完成。
 上達のコツとしては、やはりご自分のテーマを決めて撮ることだと助言しました。
 絵になるモノや撮りやすい条件下では、誰が撮ってもそこそこの写真になります。テーマに沿って撮ると、自分で絵にしなくてはならなかったり、悪条件下でも撮らなくてはならなかったりして、技術力が伸びます。
 また、テーマがあれば一枚モノでも組写真でも、何かが伝わる力のある写真になって行きます。
 テーマの決め方はモノや場所を先に、或いは、意見や情緒を先に、どちらでも構いません。これからは是非テーマを決めて、少々苦心しながらでも撮って行かれると、「レベルアップ」すること間違いありません。
 やり甲斐や達成感も得られますので、頑張ってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

新聞雑誌で活躍、まだまだ現役のカメラマン。趣味からプロ志望まで

新着レッスンノート

 カメラの一応の使い方は分かっておられるようでした。  まず、個人レッスンなので、レッスンの進め方やカリキュラムも自由だとご説明しました。  ご自分で目標や計画をお持ちならば、それに従ってレッスンをやって行きます。  しかし、テーマや目標がないと、レッスンの方向性や計画が定まりません。 ...

 花といっても、カレンダーなどの季節を前面に出したモノ、植物図鑑のような特徴がよく分かるモノ、観光パンフやポスターのような土地柄や人を入れたモノ、それから、ファインアート的なモノと、いろいろあります。  どんな写真を目指しているのか、その話題でけっこう時間を割きました。  というのも、その...

 撮りたいモノやコト、伝えたいコトなどがなくて、とにかく写真が上手くなりたいという方がいらっしゃいますが、やはり動機がなくては始まりません。  しかし、この方はお子さんがやっているバレーボールなどスポーツを撮りたいとハッキリとして動機や目標がありました。きっと早く上達されるでしょう。  小...

 これまでに撮られた写真を見せて頂きました。テクニックもですが、何を撮りたい、何を伝えたいかがないと、学習するにも方向性がコーチからの押しつけになってしまって、動機にも障ります。  よって、テーマの決め方をご説明し、風景を撮りたいということでまとまりました。その中で技術などシャッターを切る以...

 漆黒のバックにトップライトに近い硬い光でのモデル撮影。白レフでちょっと顔のシャドーを出して、斜め後から髪にレンブラントライト。なかなか高度ですよね。  「あの手の写真は、こんな風にして撮っているんだ」と分かって頂けたらOKです。  必要な道具や何故それが必要かも説明しながら、実際に撮って...

レッスンノート ページ先頭へ