趣味の習い事カメラ教室レッスンノート ストロボ撮影について

ストロボ撮影について

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日も寒い中レッスン参加いただきありがとうございました。
今回は前回の課題のストロボ撮影をしていただき見せていただきました。

先ず、前回もお話ししましたように、構図、画面構成が非常にシンプルに
なり、無駄がなくなってきました。
主題がかなりはっきりとわかるようになってきました。
後は、いいシャッターチャンスを捉えることです。
また、1シーンで色々な角度から撮影されており、これは写真の色々な
表現を身に付けるのにいいことです。

ストロボについては、シャッタースピードは、1/10以下にされた方が
今回の被写体では良かったと思います。
被写体の動く速度によって、ブレ方も変わってきますので、1/30秒-1/4秒
ぐらいまで試してみるといいと思います。

ストロボ撮影でうまく撮れた写真がありましたので、LIGHT ROOMで
調整して、仕上げてみてください。
特に、竜の舞でいいショットがありましたので、明るさ、コントラスト等
の調整をされると写真のレベルがあがります。
次回、LIGHT ROOMお持ちいただければ、私なりの調整をしてみたいと
思います。

昼間の、日中シンクロも試してみてください。
また、最後にお話しした、ストロボ発光部にオレンジの拡散板を
装着し、カメラの色温度を白熱灯に設定し撮影をしてみてください。

ストロボの当たったところは自然な色が出て、バックが青く表現されて
幻想的な画像が仕上がります。
特にポートレート撮影にはいいと思います。
次回、一度試してみてください。 ヨコヤマ
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta