趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 「絞り優先モードでの撮影」

「絞り優先モードでの撮影」

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンから2回目のレッスンお疲れ様でした。
尼崎のCAFEなかなか静かで広く、レッスンにはいい環境でした。
レッスン内容をきちっとノートに取られ、一つ一つ確認されて
理解される姿勢はいいことだと思います。

体験レッスンから約1カ月余り時間が経過しましたが
体験レッスン時お話しました、AUTOモード撮影から絞り優先モード
撮影で、写真表現の広がりが実感できたと思います。

本日は絞り優先モードの復習と人物撮影のポイントについて
パワーポイントのテキストで説明しました。

<絞り優先モード>

絞り優先モードの復習は、マクロレンズでCAFEのコーヒカップとバックのボケ具合を
比較し、説明しました。
絞り優先モードで、ポスター並みの写真が撮れます。
AUTOモードとは、雲泥の差がある写真が撮れます。
絞り優先モードでの撮影は大分慣れたと思いますので、どんどん撮ってください。

また、物撮りでお持ちのライトスタンドと被写体の間にトレぺを入れることにより
窓際、白いレースのカーテンから入ってくる軟らかい光が再現できます。
是非、トライしてみてください。

逆光で手前が暗くなり、白い紙を前においても、それほど明るくならないとのこと
ですので、アルミホイールをくしゃくしゃにし、ボードに貼って、レフ板の
代わりに使用してみてください。大分影が明るくなります。

<人物撮影の基礎>

テキストを使用し、人物撮影の基礎をお話ししました。

①モデルとのコミニュケーション(会話)を撮りながら撮影しましょう。

②レンズは広角レンズを使用するのもありです。
 下から撮ると足が長く、かっこよく撮れます。
 顔をアップで撮ると目が大きく強調され、かわいく写ります。

③通常は、標準レンズかお持ちのズームレンズの焦点距離が35-55mm
付近が自然な感じに撮れます。

④ISO感度は100,200が画質が良く、肌もきれいに撮れます。

⑤ホワイトバランスは太陽光でいいでしょう。

⑥RAWでの撮影にも挑戦してみてください。  

 NIKON D3200も是非使用してください。

 本日、説明しました内容を参考にどんどん撮影してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta