サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート ホワイトバランス

ホワイトバランス

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は、体験レッスンお疲れ様でした!
以前カメラレッスンを受講したことがあるとの事で、基本的な知識はありましたので、次のステップで、色味の調整をするホワイトバランスのお話をさせていただきました。
オート機能で白熱球や太陽、日陰など選ぶところがあるかと思いますが、どれも色温度(ケルビン)で設定されています。
人の目で見てノーマルな感じに見える太陽光で5000Kぐらいです。

カメラ設定を5000Kに設定した時
白熱球→2800K→赤い
曇りの日→6000K→青い
というように、色温度が低いほど赤く、高いほど青く、写真には写ります。
補正をするには、カメラ設定で撮る場所の光に合わせた色温度にしてやります。
色温度を低く設定すれば、写真は青く補正され、
色温度を高く設定すれば、写真は赤く補正されます。

色補正でもだいぶ雰囲気は変わりますが、大切なのは光です。
窓から入る自然光と部屋の中の蛍光灯が混在するよりは、電気を消して窓からの光だけで撮る方が、現場は暗くはなりますが、露出を少し明るめに撮ることで綺麗な光の写真になると思います。

フォーカス位置について。
意図的にピントがくる位置を選ぶことで、自分が魅せたいところにフォーカスさせることができます。
何を撮りたかったのか、が、よりはっきりしますよ!
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 今日は、カメラが写真を撮る仕組みから、お話しさせていただきました。 まずは露出から。 露出は、写真の明るさのことです。 ①シャッタースピード→動き(止まる、ブレる) ②絞り→被写界深度(背景がボケる、ボケない) ③ISO感度→ 粒子感(滑らか、ざ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! ブーケの撮影をしたいとのことでしたね! お花の先生にAモードを教わったとのこと、補足説明をさせて頂きました。 Aモードは、絞り優先オートという、明るさを調整する3つの機構の中の『絞り』を自分で決めて、他はカメラに決めてもらう、というオートモード...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 陶芸の作品を撮りたいとのことでしたね。 カメラはまだ買って間もなく、使い方もこれからとのこと。 写真を撮る時に考えることは、 ①カメラをどう使うか ②光をどう選ぶか(太陽光?照明?) ③作品を置く場所(背景)をどうするか? です。 また、...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 写真を基礎から学びたいとのこと、基本の露出(シャッタースピード、絞り、ISO感度)についてはご自分で調べられていましたね! 露出とは、写真の明るさのことです。 シャッタースピード→動き(ブレる、止まる) 絞り→被写界深度(背景がボケる、ぼけな...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 普段オートで撮られていて、イマイチ、と思うことが多かったとのことでしたね。 まずは、カメラの基本から説明させていただきました。 カメラにはいろんなモードがありますが、上部ダイヤルは露出をどう決めるかの選択ダイヤルです。 露出とは明るさのこ...

レッスンノート ページ先頭へ