サイタ趣味の習い事カメラ教室 神奈川 光と遊ぶフォトレッスン レッスンノート ミラーレスNEX-3Nの使いこなし術

ミラーレスNEX-3Nの使いこなし術

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした!
また、早速のご入会ありがとうございました。

3年前ぐらいに購入されたNEX-3Nをもっと使いこなしたい…とのことでしたが、そもそも「ミラーレス」って?…って感じでしたね。

フィルム時代には(レンジファインダーカメラを除いて)レンズ交換できるカメラといえば「一眼レフ」でした。
一眼レフには、通常はレンズを通ってきた光を反射してファインダーに導いて、撮影する瞬間だけ光路から退避して光を直接フィルムに当てる(露光する)ための「ミラー」が備わっています。
これがデジタル時代になって、フィルムが撮像センサーに置き換わると、撮像センサーが受光した像を背面液晶や電子ファインダー(EVF)にほぼリアルタイムで直接表示できるようになりました。
そうするとミラーと光学ファインダーは必ずしも必要な部品ではなくなったため、これを省略したレンズ交換式カメラが「ミラーレス」と呼ばれるようになりました。

NEX-3Nが登場した頃は、小型軽量のミラーレスといえばコンパクトデジカメからのステップアップ機と見なされていた時代で、NEX-3Nもそういったコンセプトで開発された機種です。
NEX-3Nのキット品が型落ちしてから大きく値を崩して安く提供されていた頃は、ソニーはまさに庶民の味方だったわけですが、不毛な薄利多売に将来の活路を見い出せなかったソニーは、ハイアマを対象としたフルサイズ・ミラーレスに開発の軸足を移すという戦略に180°転換しました。
そんなわけで、ソニーのAPS-Cミラーレスのモデルチェンジは大幅に滞ってレンズラインナップは拡充されることなく現在に至ります。

そんな不遇な生い立ちのNEX-3Nではあるんですが、ちゃんと使いこなせばハイエンドカメラ顔負けの写真が撮れます。

NEX-3Nで撮られたお写真を拝見したところ、苺狩りの写真などで「日の丸構図」が目立っていました。
この場合は主役となる被写体を上下左右に少し寄せて、空いた空間に主役の引き立て役となるような脇役を配置すると、画面に変化が生まれて単調さが解消されます。
グリッドラインを方眼から三分割に変更しておきましたので、三分割構図の構図作りに活用してください。

また、食事のときのお膳の写真はメニュー写真のように写っていました。
広角側でお膳全体を俯瞰視点で撮るとメニューのように見えてしまいます。
料理写真というのはお品書きではなく、如何に美味しさを伝えるか、というのがポイントになります。
お膳の中でもまずは主役となる料理を決めて、レンズはワイド端からややテレ寄りにズームし、少し低めの撮影ポジションで背面液晶を少しチルトさせて撮ってみてください。
その際、背景にも気を配ってみましょう。

富士山頂のご来光をバックにした写真はデーライトシンクロ(日中シンクロ)というテクニックになります。
通常、このような逆光写真では露出をプラス補正することで皆さんの表情が明るく撮れるんですが、背景が白飛び気味になってしまいます。
背景に露出を合わせつつストロボを発光させることで、背景も表情もどちらも適正露出で一枚に収めることができます。

NEX-3NではFlash Airを使ってスマホに写真を転送しているとのことでしたが、NEX-5Rではカメラ自身のWi-Fi機能を使って写真をiPadに転送できることを実際にデモで紹介しました。
また追加アプリのスマートリモコンを使って、背面液晶をフリップさせなくても手元のスマホで映像を確認しながら自撮りできるのをデモしましたが、これはFlash Airではできない5Rならではの追加機能でしたね。

最後にコーヒーカップを撮影しながら、NEX-3Nの撮影機能を幾つか紹介しました。
まずAモード(絞り優先)にして、ワイド端から少しテレ寄りにズームして、絞りをF4.5開放に合わせました。
F値が小さいほど絞りは開いて背景のボケは大きくなります。
背景の窓ガラスに写った照明がボケてクリスマスのイルミネーションのようなムードになりましたね。
背景のボケをさらに大きくするには、絞りをF1.8まで開けられる単焦点レンズのE35mmF1.8やE50mmF1.8がおすすめです。

カスタムキー設定で右キーを「ISO感度」から「ファンクションメニュー」に変更すると、右キーで設定できる機能が一気に増えて便利になりましたね。

こういうシーンではAFエリアを「フレキシブルスポット」にしておくと、狙ったポイントにピントを合わせることができるのでおすすめです。
ただし顔認識は働かなくなるので、顔認識させたいときはAFエリアを「マルチ」にしてください。
新着レッスンノート

体験レッスンお疲れさまでした。 昨年3月にα6400を購入して以来、今まで独学で写真を学んできたということですが、拝見した作品は高い感受性・感性に裏打ちされたもので、着目した視点にも独自性が感じられます。 画作りのオリジナリティーとフェイクを見分ける審美眼も既にお持ちのようで、 「良...

体験レッスンお疲れさまでした。 お仕事で今まで同行のカメラマンに任せていた撮影をご自分でもする必要が出てきたということで、人生初のレンズ交換式一眼カメラとなるX-T30とXC15-45mmを購入されたとのこと。 「ジャケ買い」とのことでしたが、昨年の4月に熟慮の末に自分が選んだのがX-...

レッスンお疲れさまでした。 今回は画像仕分けソフト「Photo Mechanic」(以下[PM])のインストールから写真データの読み込み、画像の仕分け作業、LR Classicと連携させて現像対象データを渡すまでを、実際に操作しながらレクチャーしました。 ◎ [PM]による写真デー...

レッスンお疲れさまでした。 今回はTopaz Labsの3つの画像復元ソフトDeNoise AI(以下[D]),Sharpen AI(以下[S]),Gigapixel AI(以下[G])のデモを中心にレッスンを行いました。 共通するのは「不可逆」な(元に戻せない)方向に劣化した画像...

レッスンお疲れさまでした。 ① Lightroomで削除するつもりのない画像ファイルを誤ってゴミ箱に捨ててしまったとのことで、デスクトップになんとか移し替えることはできたものの、そこから復旧するやり方が分からないとのことでした。 復旧の手順は以下の通りになります。 1. 画像ファ...

レッスンノート ページ先頭へ