趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスン楽しんでいただけましたか?

体験レッスン楽しんでいただけましたか?

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は、

カメラとレンズの基本を学びながら、
風景写真撮影のポイントをレッスンしました。

カメラには、いろいろな機能がありますが、
その代表的なものとして、

ボケ具合を調整する『絞り』の効果、
動きを止めたり流れを表現する『シャッタースピード』の効果、
弱い光を増幅する『ISO感度』の効果、
写真の仕上がりの明るさを調整する『露出補正』の効果があります。

それに加えて、
広がりや奥行きを表現する『広角レンズ』の効果と、
遠くのものを大きく捉えたり物の形を客観的に捉えたりする『望遠レンズ』の効果の違いを組み合わせ、

『構図のバランス』を整えて撮影することで素敵な写真を撮影することができます。

今回レッスンさせていただいたように、

基本的にはオートで、カメラ操作のことは極力忘れて、
自分の想いと異なる部分だけ修正操作できるように、

その時どうすれば改善できるかだけを覚えていきましょう。

構図に関しては、

その写真を見た時に人はどう感じるかという、
視覚効果の心理を学んでいきましょう。

あなたが、
風景を見た時に感じた心理を写真の構図の中で表現するのです。

ですがまずは何も考えずに、
感じたままにシャッターを押してみましょう。

そこには必ずあなたの想いが写っているはずです。

そこは、トリミングで切り取るのもいいですから、
自分が表現したかった世界観を見つけていきましょう。

その繰り返しで、
撮影時に想いどおりの構図で風景を切り取れるようになりますから。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座
川上博司 (カメラ)

渋谷・新宿・立川・西国分寺・吉祥寺・三鷹・国分寺・市ケ谷・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・武...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta