サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座 レッスンノート レッスンお疲れ様でした。今...

レッスンお疲れ様でした。今...

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回は、
実際の現場での店舗撮影のコツやイメージカットの撮影、

そして、お花の素敵な撮り方などをレッスンしました。

最初のレッスンでもお話ししましたが、

客観的なお店の内観、外観撮影では、
水平垂直をキレイに整えることが大切です。

カメラを三脚に据える前に、
三脚の水準器を確認して水平首位直を合わせ、

そこにカメラを装着して、曲がりのない撮影をすることが有用です。

特に、広さを演出する広角レンズを使用する場合、
撮影のやり方によっては、歪みや傾きが強調されてしまう場合もありますので気をつけましょう。

写真としての全体のバランスも、
手前に強調されている部分と、背景になっている部分のバランスや、
どこを強調すると、その店舗の個性をより引き出せるかを考えながら、
撮影する場所や角度を見極めましょう。

外観撮影では、
看板の見え方や向き、全体のバランス、
そして、細かな仕上げの部分に気をつけることをレッスンしました。

特に、
写っていない方がいいものをしっかりチェックステどかしたり隠したりすることが、
あとあとの仕上がりに重大な影響を与える場合があります。

フォトショップで消すという方法もありますが、
どうしても現場で処理できないこと以外は、
その場で片付けたり整えるなどして、細部まで気を配って撮影するクセをつけましょう。


そして今回は、
お花の写真の構図作りにも挑戦してみましたね。

ほんの数ミリの、ちょっとした構図の違いで、
主役のお花が美しくしっかりと引き立つことが理解していただけたと思います。

写っている
という状態から、
写している
という状態に、
画面の隅々まで意識を持ってしっかりと変えていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

新着レッスンノート

体験レッスン、楽しんでいただけましたか? 今回は、 お持ちいただいた質問事項に則って、 いろいろとアドバイスをさせていただきました。 写真の撮影は、 感覚優先で行える部分と、 理論的に身につけたほうがいい部分とがあります。 レンズによる写り方の違いを理...

体験レッスン、楽しんでいただけましたか? 今回は、 カメラとレンズの基本と、 写真の楽しみ方についてお話ししました。 スマートフォンでも、ミラーレスなどのカメラでも、 写りの違いが起きる理由はご理解いただけましたか? その違いを理解できれば、 スマホで...

体験レッスン、楽しんでいただけましたか? 今回は、 写真の基本的な撮りかたと、 撮りたい写真の見つけかたについてレッスンしました。 写真を撮る上において、 技術的な方法論は、意外とカンタンです。 今回は、 レンズによる写りかたの違いを、iPhoneで実...

体験レッスン、楽しんでいただけましたか? 今回は、 お仕事で撮影する写真やカメラとレンズの基本についてお話ししました。 レンズの使い方で写真が変わることや、 カメラの設定を変えることで、写りが変化することをご理解いただけましたでしょうか。 まずは、カメラやレンズの...

iPadの使い方の基本は、iPhoneと同じです。 同じアプリであれば、同じ使い方で大丈夫です。 お使いのiPhoneとiPadの大きな違いは、 中に保存できる写真の容量です。 ミラーレスカメラで撮影した写真は、 保管できる枚数の多い、iPadに、 SDカー...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta