サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座 レッスンノート レッスンお疲れ様でした。今...

レッスンお疲れ様でした。今...

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回は、
実際の現場での店舗撮影のコツやイメージカットの撮影、

そして、お花の素敵な撮り方などをレッスンしました。

最初のレッスンでもお話ししましたが、

客観的なお店の内観、外観撮影では、
水平垂直をキレイに整えることが大切です。

カメラを三脚に据える前に、
三脚の水準器を確認して水平首位直を合わせ、

そこにカメラを装着して、曲がりのない撮影をすることが有用です。

特に、広さを演出する広角レンズを使用する場合、
撮影のやり方によっては、歪みや傾きが強調されてしまう場合もありますので気をつけましょう。

写真としての全体のバランスも、
手前に強調されている部分と、背景になっている部分のバランスや、
どこを強調すると、その店舗の個性をより引き出せるかを考えながら、
撮影する場所や角度を見極めましょう。

外観撮影では、
看板の見え方や向き、全体のバランス、
そして、細かな仕上げの部分に気をつけることをレッスンしました。

特に、
写っていない方がいいものをしっかりチェックステどかしたり隠したりすることが、
あとあとの仕上がりに重大な影響を与える場合があります。

フォトショップで消すという方法もありますが、
どうしても現場で処理できないこと以外は、
その場で片付けたり整えるなどして、細部まで気を配って撮影するクセをつけましょう。


そして今回は、
お花の写真の構図作りにも挑戦してみましたね。

ほんの数ミリの、ちょっとした構図の違いで、
主役のお花が美しくしっかりと引き立つことが理解していただけたと思います。

写っている
という状態から、
写している
という状態に、
画面の隅々まで意識を持ってしっかりと変えていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

新着レッスンノート

体験レッスン楽しんでいただけましたか? 今回は、 ヘアメイクされたモデルさんを撮影するときのコツをレッスンしました。 カメラの絞りやシャッタースピードの効果、 レンズの効果、 そして、ライティングの意味や効果について、 ご理解いただけましたか? ノウハウ本...

今回は、 サンプル写真を見ていただきながら、 写真の構図作りのコツを学んでいただきました。 ポイントをひとことで言うと、 主役を絞って引き立てる! ということです。 その風景の中で、 一番気になったポイントはどこなのかをしっかりと見極めて、 そこを主...

今回は、 お持ちいただいた作品を、さらに素敵な作品にするための、 トリミングや画面構成についてお話ししました。 写真の中の一番見せたい部分に視線を集中させる方法は、 おわかりいただけましたでしょうか? 明暗や色彩、視覚ポイントなど、 注目してほしいポイントが...

今回は、特別編ということで、 機種変したiPhoneと、追加したiPadの、 再設定と連携についてレッスンしました。 お気づきではなかったようですが、 iPhoneは、 iCloudという、独自のクラウドサービスと連携して、 自動バックアップ設定をしておくと、 機種変...

今回は、 お使いのWindowsパソコンとiPhoneとを連携させる設定を行いました。 Windowsパソコンに入れた、 iCloudソフトによって、パソコンに読み込んだ写真やiPhoneの写真を、 iTunesソフトによって、パソコンに読み込んだ音楽をiPhoneに読み込...

レッスンノート ページ先頭へ