サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座 レッスンノート 体験レッスン、楽しんでいただけまし...

体験レッスン、楽しんでいただけまし...

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン、楽しんでいただけましたか?

今回は、
精密な絵画の元になる写真作りということで、

シンプルなカメラ操作と調整、

レンズの視覚効果の特徴、

グラデーションを引き出す、光のコントロールについてレッスンしました。


まずは、
カメラの操作に関してです。

カメラには、いろいろなスイッチやダイヤルが付いていますが、

まずは、
上のダイヤルをPにして撮影してみましょう。

出来上がった写真が明るかったり暗かったりしたら、
シャッターの周りのレバーを操作して写真の明るさ調整をしましょう。

明るさ調整のポイントは、
一番明るいところを、白紙状態になるほど明るくしすぎないことです。

そのような状態を『白飛び』と言いますが、
素抜けの真っ白な状態になると、
ディテールが全く残っていないパソコンでも調整不可の状態になりますので、
気をつけましょう。

あと、
色再現で重要なホワイトバランス(WB)です。

太陽光や白熱灯など、
光の質の応じて白が白く再現されるように色を調整します。

正確な色調整は、
レッスンでお教えした方法でホワイトバランスを、
カメラに記憶させましょう。


その二つの調整がしっかりできれば、
まずはオートでも大丈夫だと思います。


レンズの視覚効果に関しては、
広く写るレンズでは、形が歪み、
アップで写るレンズだと、物の形が正確に写せるということを、
ポイントとして覚えておきましょう。


光のコントロールについては、

光の基準、自然光では、
太陽は一つですから、
メインになる明かりは一つに絞りことが重要です。

そのほかの明かりは、
影を弱めるための光や、
エッジを強調するための演出光ですので、

強い光をいくつも使って影がいくつも出るようなライティングにしないように、
気をつけて明かりを配置しましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

新着レッスンノート

体験レッスン、楽しんでいただけましたか? 今回は、 カメラとレンズの基礎知識と、 状況による最適な使い分けについてお話ししました。 カメラのレンズによる写り方の違いや、 ミラーレスとスマホのカメラの特性など、ご理解いただけましたか? 今のカメラは、 一...

体験レッスン、楽しんでいただけましたか? 今回は、 写真の色合いを、 自分の色に近づけるためのカメラセッティングについてお話ししました。 撮影していて特に問題を感じない場合は、 カメラの設定はオートのままでも構いませんが、 今回のように、色や明るさなど、 ...

体験レッスン、楽しんでいただけましたか? 今回は、 撮影時の基本的な心構えについてお話ししました。 撮りたいものが決まって、カメラを構えようとする前に意識すべきことは、 その被写体が、いちばん良く見える向きや光の状態を探すことです。 ただ闇雲に被写体に対してレンズ...

まずは、市販カレンダーへの写真採用、おめでとうございます。 今回見せていただいた、ワンコや猫さんの写真は、 レンズの効果をしっかり理解しながら、 いま見えている風景が、レンズを通すとどのように見えて写るか、 意識してしっかり狙えていたことが素晴らしいと感じました。 ...

体験レッスン、楽しんでいただけましたか? 今回は、カメラの基本的な理論と、 具体的な機種選別のアドバイスをテーマにレッスンさせていただきました。 いままでお使いのコンパクトカメラと、ミラーレスなどのカメラの違いは、 おわかりいただけましたでしょうか? 旅行と同じで...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta