サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 カメラで楽しむ「はんなり」写真塾 レッスンノート 【レンズのF値・被写体までの距離・レンズの焦点距離】の3要素

【レンズのF値・被写体までの距離・レンズの焦点距離】の3要素

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。カフェが空いてて良かったです。

お仕事の都合で少し(と言っても2か月位ですが)間が空きましたので、前回の復習として「被写界深度」について補足しました。
被写界深度を左右する要素として、【レンズのF値・被写体までの距離・レンズの焦点距離】の3要素があり、これを微妙に組み合わせて撮影するんですが、要素が2つだとわかりやすいけど3つになると少し複雑ですね(笑)

それに前回お話するのを忘れていましたが、一眼レフの場合ファインダーを通して見えている世界は絞り解放の状態です。シャッターを押した瞬間にはセットされた絞り値まで絞られますので、ボケ味などがファインダーで見た目と違った写真になりますので気をつけてください。実際の絞った状態は「プレビューボタン」で確認できますよ。

今日の新しいレッスンのおさらいです!
①タイムラグについて
シャッターを押してから実際に写るまでの時間差をいいます。カメラがメカである以上、時間の遅れはゼロにはなりませんが、それよりも大きい時間の遅れは人間の反射能力です。目で見てシャッターボタンを押すまでの生理的?遅れがバカになりません。練習で若干よくはなりますがゼロで無い限りは、遅れる分だけ早めにシャッターをきるしかありません。タイムラグとは仲良く付き合いましょう。

②露出補正
カメラの自動露出では「明るいものは少しだけ暗く、暗いものは少しだけ明るく写ります。これはカメラが一定範囲の明るさ内に収めようとするからで、これを補正して自分のイメージに近づけるテクが露出補正です。明るいものにはプラスの補正を、暗いものにはマイナスの補正を掛けます。これも逆みたいで判り難いですよね。ISO感度を固定している場合「絞り優先モードではシャッタースピードを、シャッター優先モードでは絞り値を」変えることにより補正が掛かります。

③持っていたら便利なフィルターについて
デジカメが主流になってからは、色変換用のフィルターを使う機会が少なくなりましたが、特殊な効果用のフィルターが幾つかあります。
・偏光フィルター(PL)・・・反射光(偏光)の写りこみを制御でき、色調もクッキリした画像になります。PLの半掛けといって効果をMAXに効かすより少し戻し気で使うのがコツです。
・減光フィルター(ND)・・・色調は変わらずに単に光量のみを減らしてくれます。
・このほかにも、ソフト系のフィルターやクロスを入れるフィルターなど、作画の意図を強調し作品の幅を広げてくれるフィルターも有ります。

今日は盛り沢山でしたがチョッとだけ復習しておいて下さい。不明な点は遠慮なくメッセージででも聞いてくださいね。
新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! コロナや何だで久し振りのレッスンでしたね。 レッスン内容はこれまで通り撮り溜められた写真を拝見し、良い写真として残すものを選別しました。冬季でもありシャッターの数は少なめだったそうですが、そこから事前にご自分なりの選別をしておられますので私の作業は楽ちんでした...

体験レッスンお疲れ様でした! 難しい漢字は苦手だと仰っていましたが、日本語がすごくお上手で感心しました。デジタルカメラは以前からお使いになっていて、今回買い直しをしたのを きっかけにもっと上手に撮れるように・・・とのことでレッスンを申し込んでいただきました。カメラの液晶で紅葉の写真などを見...

レッスンお疲れ様でした! コロナの感染者数が日を追う毎に増え続けています。お互い気を付けないといけませんね! 今回のレッスンも溜まった写真の整理をやりましたが、最近ではご自分の一人審査(笑)を通過した写真をお持ちになりますし、その審査内容も精度が高くなりました。その中から更に一段バーを上...

レッスンお疲れでした! 今日の撮影レッスンは良いお天気に恵まれました。 被写体は北千里の「三色彩道のカエデの紅葉」を撮影しました。 大阪では知る人ぞ知る・・と思っていたのですがTVのニュースで拡散され、アッという間に有名になってしまいました(笑) 此処は「アメリカフウ、タイワンフウ、ト...

レッスンお疲れ様でした! 秋が短くて急に寒くなりましたね。 今日のレッスンも何時もの様に溜まった写真の整理と必要に応じたレタッチをやりました。最近の写真はご自身の個性が表面に出るようになってきましたがそれでこその写真芸術です。ある程度はレッスン前に選別を済まして(一時審査・・笑)お持ちに...

レッスンノート ページ先頭へ