サイタ英会話教室ビジネス英会話教室 兵庫 ひとみのビジネス英会話教室 レッスンノート 自己アピールを考えることはビジネス交渉やプレゼンに役に立つ

自己アピールを考えることはビジネス交渉やプレゼンに役に立つ

ビジネス英会話教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ビジネス英語で特に大事なことは
・シンプル(簡潔)でわかりやすい
・Dear / Thank you / Best regards, を入れる
・丁寧語として「Could you~」「Would you~」を使う

難しい単語をあえて使わなくてもいい

今日はビジネス英語というよりは
「将来海外で働きたい」という夢を叶えるには、の話でした。
転職サイトはいろいろありますが、海外企業に特化しているところに登録する他に「LinkedIn」というサイト(Facebookのビジネス版のようなもの)に登録するのも手です。このサイトは世界中の人が登録して、求人、求職中の人たちも多く、うまく使えば(自己アピールや経歴を載せる)求人をしている個人や企業がスカウトしに来ます。

自己アピールはビジネスの交渉の一部として考えてください。
自分を「商品」として、何がGood pointsなのかを言葉で表現できるようにしましょう。英語にする前にまずは何を伝えたいのかを日本語で形にすることです。自分には何もない!ということはありません。いろんな角度から自分という人間を見てみましょう。

例えば現在のお仕事
「経理」というお仕事で大切なのは「数字」を間違いなく、且つスピーディーに処理できる能力は非常に大事です。
そして経理というお仕事をリスト化し、それについて自分はどう処理をしているのか、どう注意を払っているかなどを考えてみると、自分がどれだけこの仕事に従事しているかも見え、アピールポイントも出てくるでしょう。
「総務」というお仕事から考える自分像はどんな感じでしょう?
人の話(悩み)をきちんと聞いてあげてアドバイスをする、元気づけるなど。人は自分の話を聞いてほしいものですが、人の話を聞くのは苦手な人も多いです。その中で人の話をじっくり聞いて的確にアドバイスをする、というのは才能です。

など細かく分析してみてください。

職務経歴書に自己アピールポイントを追記すること
経歴があまりない場合は、
1仕事内容を書き出して自分が工夫していることを書く
2自分のアピールポイントと経験を書く
3副詞(aggressivelyなどポジティブな意味を持つ単語を追加する)
自分とはこんな人間です、ということを見える化します。

例:Always aggressively challenge what is new to me.
Positively communicate with people who are anxious and give
some suitable advice.
Correctly and speedily deal with the accounting works.

など簡単な単語や表現でいいので「副詞」を使うことで抑揚が生まれる

英語脳を作るときに必要なのは、日本語理解力です。
日本語で言語化すること、言いたいことをまとめることは
非常に大切です。
なぜならビジネスでは何を伝えたいかをはっきりさせることが大事だからです。まずは母国語で言語化する、その時に何をいいたいのかを意識します。
こういうことが後々にプレゼンや交渉事に生かされます。
それと言いたいことをすっきりまとめることは英語脳を作るにも役に立ちます。
このレッスンノートを書いたコーチ

海外勤務を経て、通訳や翻訳、貿易などでキャリアを積む「英語の何でも屋」

レッスンノート ページ先頭へ

ビジネス英会話情報

サイタのビジネス英会話講師がブログを通して、ビジネス英会話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ビジネス英会話の先生

@BusinessCyta