サイタ英会話教室ビジネス英会話教室 東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 レッスンノート 使える英語の効果的な学び方

使える英語の効果的な学び方

ビジネス英会話教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

英語の効果的な学び方
基本は、発音、文法、語彙の3本柱で、バランス良く力を付けていく必要があります。それに加えて大量のインプットにより実力が実感出来るようになります。文法と語彙だけではわからない語感はやはり大量のインプットを通して、聞いたことのない英語は話さない、読んだことのない英語は書かないというストイックな姿勢が大切です。

現状の英語力を判断する材料として、語彙テストと英作演習を実施しました。

語彙テストVoc Ad#5
70問の空所完成問題に制限時間15分でチャレンジしていただきました。じっくりと考えれば更に正解数は多くなったと思います。しかし、実践英語、実用英語は瞬発力が必要になります。自分に馴染みのある単語にはスピーディーに対応出来たと思います。是非、瞬発的に反応出来る語彙力を身につけていただければと思います。
英作演習1-2
10問の和文英訳を制限時間10分でチャレンジしていただきました。英語に慣れていらっしゃるので、8分弱で完了されました。一部の文法の復習、使う語彙の活用を意識していただければ更に良くなります。

今後の学習の目安として、TOEIC受験をお勧めしました。ビジネス英語を扱っていますので、これでAランク、860点以上得点出来れば道が見えてくるはずです。
このレッスンノートを書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

新着レッスンノート

「基本4000語」語義確認チェック 基礎編1000語から50語を選び、語義確認チェックを実施しました。よく使われているが、使い方に注意が必要なものとして、contraryがあり、品詞は形容詞と名詞があります。「反対の」ではcontrary to Aの形で、「Aとは違って」、名詞ではon t...

「基本4000語」語義チェック 基礎編1000語から50語を選択し、語義チェック練習を実施しました。今回はoust (追い出す)、petition (陳情、陳情する)、reiterate (繰り返し言う)、retaliatory (報復的な)、sag (相場などが下がる)辺が難しい単語にな...

「基本4000」語義確認演習 基礎編1000語から50語を選び、語義確認チェックを実施しました。retaliate (報復する)あたりの単語は上級レベルです。とはいえ、海外ニュースやTIMEなどの週刊誌にはよく出てくる単語ですので覚えておいて損はありません。 「SS」テキスト音読練習 ...

英語プレゼンテーション音読練習 プレゼンテーションの音読練習を実施しました。スムーズに言えない箇所は、単語と単語の繋がり、意味の固まり等を考慮して、一息で3回から5回、長ければ3回、短ければ5回を目処に発音してみると上手く言えます。プレゼンで意味を伝えるためには個々の単語の発音よりもアクセ...

「基本4000語」語義チェック 基礎編1000語から50語を選び、語義チェックを実施しました。今回はその中でもdeserveは必ず押さえておきましょう。 Jane got the award, and she deserves it. (ジェーンが受賞したが、それは当然のことだ) We...

レッスンノート ページ先頭へ

ビジネス英会話情報

サイタのビジネス英会話講師がブログを通して、ビジネス英会話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ビジネス英会話の先生

@BusinessCyta