サイタ英会話教室ビジネス英会話教室 東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 レッスンノート 「Sherlock Holmes and the Duke's Son」音読練習

「Sherlock Holmes and the Duke's Son」音読練習

ビジネス英会話教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

英文法の体系的理解
英文法の全体像を体系図にして説明させていただきました。文法を使える形で頭の中に整理整頓しておく必要があります。いくつかの文法事項が有機的に結びついて文が成立します。おすすめの小冊子を何回か繰り返し、しっかり覚えておきましょう。一度しっかり覚えておけば、忘れてもすぐ思い出すようになります。
「Sherlock Holmes and the Duke's son」
Chapter 1最初から、意味群(センス・グループ)ごとにイメージしながら、英文を覚える練習を実施しました。まずは理解することです。和訳せずに理解するのが理想ですが、理解できない文はなかなか覚えられません。理解するのに必要であれば日本語に訳しても良いでしょう。ただし、いったん理解したら和訳は無視して英語のまま覚えてしまいましょう。一文一絵でイメージで理解して行きましょう。意味取り→音読→暗唱の順で進めます。CDの音声を活用しましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

新着レッスンノート

「基本4000語」語義確認チェック 基礎編1000語から50語を選び、語義確認チェックを実施しました。よく使われているが、使い方に注意が必要なものとして、contraryがあり、品詞は形容詞と名詞があります。「反対の」ではcontrary to Aの形で、「Aとは違って」、名詞ではon t...

「基本4000語」語義チェック 基礎編1000語から50語を選択し、語義チェック練習を実施しました。今回はoust (追い出す)、petition (陳情、陳情する)、reiterate (繰り返し言う)、retaliatory (報復的な)、sag (相場などが下がる)辺が難しい単語にな...

「基本4000」語義確認演習 基礎編1000語から50語を選び、語義確認チェックを実施しました。retaliate (報復する)あたりの単語は上級レベルです。とはいえ、海外ニュースやTIMEなどの週刊誌にはよく出てくる単語ですので覚えておいて損はありません。 「SS」テキスト音読練習 ...

英語プレゼンテーション音読練習 プレゼンテーションの音読練習を実施しました。スムーズに言えない箇所は、単語と単語の繋がり、意味の固まり等を考慮して、一息で3回から5回、長ければ3回、短ければ5回を目処に発音してみると上手く言えます。プレゼンで意味を伝えるためには個々の単語の発音よりもアクセ...

「基本4000語」語義チェック 基礎編1000語から50語を選び、語義チェックを実施しました。今回はその中でもdeserveは必ず押さえておきましょう。 Jane got the award, and she deserves it. (ジェーンが受賞したが、それは当然のことだ) We...

レッスンノート ページ先頭へ

ビジネス英会話情報

サイタのビジネス英会話講師がブログを通して、ビジネス英会話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ビジネス英会話の先生

@BusinessCyta