サイタ英会話教室ビジネス英会話教室 東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 レッスンノート 英語の効果的な学習方法等

英語の効果的な学習方法等

ビジネス英会話教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

「中学英語抜き打ちテスト」
現状把握のために中学英語の基本がどの程度出来ているかを100問の空所補充問題をやっていただきました。お疲れ様でした。
このレベルは英語を理解する面でも使う面でも重要になります。まずはこのレベルの問題がスラスラと解答出来るようトレーニングします。その上でTOEICテストPart 5の文法問題、1セット40問を15分以内で全問正解するまで練習します。9セットをこの状態にします。これで英語を英語のまま理解する基盤が出来たことになります。
「訪問者THE VISITOR」
Chapter 1の初めの部分を書き取りしていただきました。聞けない部分は書き取れませんのでご自分の苦手とする部分がわかります。書き取り出来なかった理由を明らかにすると勉強になります。単語を知らなかったからか?イディオムを知らなかったからか。語と語のつながりによる音の化学変化に気づかなかったからか?等をハッキリさせて対応するとリスニングが改善されて行きます。
レッスンではオーバーラッピング練習をして、英語の発音、リズム、イントネーションを体得し、最終的にはダイアローグを英語のまま覚えていただきます。頭の中に英語がたくさんあればあるほど英語を口にすることが楽になり、いわゆる英会話が出来る状態になります。
このレッスンノートを書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

新着レッスンノート

「基本4000語」語義確認チェック 基礎編1000語から50語を選び、語義確認チェックを実施しました。よく使われているが、使い方に注意が必要なものとして、contraryがあり、品詞は形容詞と名詞があります。「反対の」ではcontrary to Aの形で、「Aとは違って」、名詞ではon t...

「基本4000語」語義チェック 基礎編1000語から50語を選択し、語義チェック練習を実施しました。今回はoust (追い出す)、petition (陳情、陳情する)、reiterate (繰り返し言う)、retaliatory (報復的な)、sag (相場などが下がる)辺が難しい単語にな...

「基本4000」語義確認演習 基礎編1000語から50語を選び、語義確認チェックを実施しました。retaliate (報復する)あたりの単語は上級レベルです。とはいえ、海外ニュースやTIMEなどの週刊誌にはよく出てくる単語ですので覚えておいて損はありません。 「SS」テキスト音読練習 ...

英語プレゼンテーション音読練習 プレゼンテーションの音読練習を実施しました。スムーズに言えない箇所は、単語と単語の繋がり、意味の固まり等を考慮して、一息で3回から5回、長ければ3回、短ければ5回を目処に発音してみると上手く言えます。プレゼンで意味を伝えるためには個々の単語の発音よりもアクセ...

「基本4000語」語義チェック 基礎編1000語から50語を選び、語義チェックを実施しました。今回はその中でもdeserveは必ず押さえておきましょう。 Jane got the award, and she deserves it. (ジェーンが受賞したが、それは当然のことだ) We...

レッスンノート ページ先頭へ

ビジネス英会話情報

サイタのビジネス英会話講師がブログを通して、ビジネス英会話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ビジネス英会話の先生

@BusinessCyta