サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 大阪 税理士による日商簿記3級試験講座 レッスンノート 簿記の骨格を講義

簿記の骨格を講義

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

簿記は、貸借対照表及び損益計算書を作成するために記帳します。
そのためには仕訳が元となり、そのルールがとても大切になります。
本日は、上記の2つの帳票を作成するための手順と、
仕訳のきりかたの方法を講義しました。
受講生も熱心に聞いてもらえ、簿記の楽しさを少しずつ分かってもらえたら嬉しいです。
新着レッスンノート

各種試算表の作成の仕方と、決算仕訳をレッスンしました。 決算手続きが終われば、大体の流れが理解できます。 この調子で最後までやりきりましょう!!

固定資産の購入・売却、株の購入・売却、商品券の取り扱いを学習しました。 今回はだいぶ進んだので、しっかり復習お願いします。 各項目の学習については、そんなに難しくないです。 生徒さんの理解がとても早いので、驚いております。 この調子で頑張ってください。

今回のは、貸付金・借入金、手形割引、従業員に対する給料を支給した際の仕訳をレッスンしました。 形式的な学習のため、そんなに苦労なく理解できるかと思います。

本日は、補助簿全般と、小口現金取引を主にレッスンしました。 補助簿の中の商品有高帳が少し手間がかかるので、慣れるまでは繰り返し練習ですね。 前回までの講義の内容もほぼ理解されていて、素晴らしいです。 油断せず、復習お願いします。

お金の決済の方法の一つである、手形の仕訳の方法と、商品を仕入れた時や売った時の諸費用仕訳の方法、主要簿・補助簿の概要を勉強しました。 手形は少し考える必要があるので難解ですが、生徒様の理解力が良いので、講義がスムーズに行きました。 あとは、トレーニングでマスターしましょ!!

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta