サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 埼玉 楽しくなる簿記講座 レッスンノート 精算表の作成と損益計算書の作成

精算表の作成と損益計算書の作成

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回は、精算表の作成手順とP/Lの作成手順を解説しました。

本題に入る前に仕訳の意味を解説しました。
そもそも簿記の取引は、資産・負債・純資産・収益・費用の増減を記録していくもので、増えたらプラス・減ったらマイナスですね。
これを算数式に+−で記録するのではなく、左側(借方)と右側(貸方)に分けて左右一対で増減を記録していくのが仕訳です。
この時、資産・費用は増えたら左側、減ったら右側。負債・純資産・収益は増えたら右側、減ったら左側に記入する事が重要なところです。
そして、貸借一致の原則から必ず左右の金額が一致することも重要なことです。
このルールどおりに考えれば、仕訳は自動的に出来てくることを確認しました。

精算表もP/Lも、仕訳を考えるのではなく、増減を考えて増えたらプラス、減ったらマイナスをつけていくだけです。
その時、左右の区別だけ注意しましょう。
精算表でB/Sにいくか、P/Lにいくか迷う科目があったら、金額が左に残っているものは資産か費用、右に残っているものは負債か純資産か収益のどれかなので、そういうつもりで考えれば大体検討はつくはずです。
売上原価の計算は期首商品+当期仕入−期末商品で計算することをしっかり覚えましょう。
これを売上原価という費用の増減で記入していけば、良かったですね。
そうすると自動的に仕訳は、仕入/繰商、繰商/仕入の仕訳が出来上がりました。

これからは、仕訳をせずにプラスマイナス(増減)を意識して問題を解くようにしましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は、先日実施された149回の試験問題を使って、第5問のB/S,P/L作成 問題と第2問の勘定記入問題の解説をしました。 第5問のB/S,P/L作成でポイントになるのは、仕訳をすることではなく、取引科目または決算整理事項の処理科目が増えるのか減るのかをしっ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は、試験直前最終回のレッスンでした。 前回に続き、総復習の時間に当てました。 主に勘定記入、伝票会計、試算表作成の問題を過去問題を使って確認しました。 解答手順は概ね習得できているようなので、問題文をしっかり読んで落ち着いて解答することを心がけてください。

レッスンお疲れ様でした。 今回は、検定前最後のレッスンなので、総復習をしました。 過去に出題されている問題の確認と得点の取り方まで、また、残り数日の対策方法も確認しました。 第1問、第3問、第5問の出来具合が合否に大きく影響します。 第2問、第4問はどんな問題が出ても、0点を取らないよ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は、はじめに補助簿の記入について、どのような取引が記入されるかを選択する問題を確認しました。 この問題を解くにあたっては、仕訳をするのではなく、帳簿の特徴をしっかり覚えましょう。 帳簿は棚卸表を除き、基本的にどんな帳簿でも増減が記入されます。 ここで、商品...

レッスンお疲れ様でした。 今回は最初に伝票会計を解説しました。 伝票で注意することは、一部現金取引の処理です。 一部現金取引とは ・・・取引全体のうち一部分だけが現金取引となっているものです。 この処理には、2とおりの処理方法がありました。 どちらの処理をするかで、伝票への記入の科...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta