サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 埼玉 楽しくなる簿記講座 レッスンノート 精算表の作成と損益計算書の作成

精算表の作成と損益計算書の作成

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回は、精算表の作成手順とP/Lの作成手順を解説しました。

本題に入る前に仕訳の意味を解説しました。
そもそも簿記の取引は、資産・負債・純資産・収益・費用の増減を記録していくもので、増えたらプラス・減ったらマイナスですね。
これを算数式に+−で記録するのではなく、左側(借方)と右側(貸方)に分けて左右一対で増減を記録していくのが仕訳です。
この時、資産・費用は増えたら左側、減ったら右側。負債・純資産・収益は増えたら右側、減ったら左側に記入する事が重要なところです。
そして、貸借一致の原則から必ず左右の金額が一致することも重要なことです。
このルールどおりに考えれば、仕訳は自動的に出来てくることを確認しました。

精算表もP/Lも、仕訳を考えるのではなく、増減を考えて増えたらプラス、減ったらマイナスをつけていくだけです。
その時、左右の区別だけ注意しましょう。
精算表でB/Sにいくか、P/Lにいくか迷う科目があったら、金額が左に残っているものは資産か費用、右に残っているものは負債か純資産か収益のどれかなので、そういうつもりで考えれば大体検討はつくはずです。
売上原価の計算は期首商品+当期仕入−期末商品で計算することをしっかり覚えましょう。
これを売上原価という費用の増減で記入していけば、良かったですね。
そうすると自動的に仕訳は、仕入/繰商、繰商/仕入の仕訳が出来上がりました。

これからは、仕訳をせずにプラスマイナス(増減)を意識して問題を解くようにしましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 前回から今回まで期間が大分開きましたので、その間ご自身で解いた問題の質問を解説した上で、第2問や第4問で良く出題される勘定記入の問題の解き方を解説しました。 勘定記入の問題では、主に以下の3種類があります。 1.特定の勘定科目の期首→期中→期末→翌期首の流れ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は第3問、第5問の総合問題の解き方を復習しました。 第3問については、解き方の手順は概ねできているようですが、問題の読み間違えが多い傾向にあるようですね。 特に特定の科目について間違えることが多いようなので、自分の間違えの特徴をしっかり理解して、問題文を...

レッスンお疲れ様でした。 前回に続き、決算処理について費用収益の調整方法と意味を学習しました。 期中に費用または収益に計上されたものは、基本的に支払いまたは受取りをベースとして処理されていますが、この中には翌期の分が含まれていたり、翌期に支払いまたは受取るので、当期には何も処理されていない...

レッスンお疲れ様でした。 今回は、決算処理を中心に精算表作成を学習しました。 前回までは、期中の取引を集計して試算表を作成するまでの流れを学習しましたが、その続きの流れです。 精算表は試算表が出来ている状況から、決算手続きを行ってP/LとB/Sを作っていきます。 ただし、この精算表とい...

レッスンお疲れ様でした。 今回は解説のご要望のありました経過勘定の処理と減価償却の間接法と直接法の解説をしました。 経過勘定項目には、未収収益・前受収益・未払費用・前払費用の4種類があり、全て貸借対照表に記載されることをしっかり覚えましょう。 相手科目が収益か費用かで分類すると  ...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta