サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験レッスンノート 簿記の流れと仕訳問題の解き方

簿記の流れと仕訳問題の解き方

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。
今回はザックリと簿記の流れを説明し、仕訳問題の解き方を説明しました。
簿記の取引は、資産・負債・純資産・収益・費用の5種類の項目の増減を記録していくものです。
科目を覚えることより、この5項目の分類ができるようにしましょう。
そして、資産と費用が増えた時に借方(左側)、負債と純資産と収益が増えた時に貸方(右側)に書きます。
減った時は増えた時の反対側ですね。
この区別を間違えなくできる事が重要です。

仕訳問題を解く時は、いきなり解き始めずに問題の一番上にある科目を上の5種類に分けて印をつけてから、解き始めましょう。
最初に5種類の分類をしているので、科目に迷っても探しやすいですね。
科目名は、敢えて覚えなくても問題を解いていくうちに覚えてきます。
もう一度問題を解いて確認してみましょう!

現在学生で、学校で簿記の科目があるとのことなので、先々を考えても簿記を得意科目にしていきましょう。
必ず新たな道が見えてくるでしょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

楽しくなる簿記講座
塚本ミツヒロ (日商簿記3級試験)

新宿・池袋・武蔵浦和・南浦和・赤羽・浦和・板橋・十条・蕨・西川口・川口

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta