サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 埼玉 楽しくなる簿記講座 レッスンノート 現金預金と未収入金、未払金

現金預金と未収入金、未払金

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
前回学習した総勘定元帳への転記の復習から始めました。
転記とは、日付ごとに記入された仕訳の借方と貸方を別々に分けて、それぞれの勘定科目に記入する事でした。
ここで、理解しておいて欲しいことは以下の通りであることを練習問題で確認しました。
1.仕訳は日付を基準に取引を記入したもので、総勘定元帳は勘定科目を基準に取引を記入ものなので、集計基準が違うだけで、全く同じであること。
ですから、総勘定元帳の記入を日付ごとに抜き出して、借方と貸方を組み合わせれば仕訳になるということです。
2.総勘定元帳の摘要欄の「諸口」の使い方を覚えること。

今回の学習では現金と預金の処理、未収入金と売掛金・未払金と買掛金を解説しました。

現金では、通貨以外に通貨代用証券というものがありました。
試験によく出てくる例示を幾つか挙げましたので、覚えておいてください。
また、現金過不足の処理についても解説しました。

預金では、当座預金と当座借越についてと小切手の取り扱いを解説しました。
小切手については、振り出した場合と受け取った場合の処理の違いに注意しましょう。
特殊なケースとして、自己振出小切手というものもありました。
練習問題を解きながら、もう一度整理してみましょう。

未収入金と売掛金、未払金と買掛金は取引の対象物が商品か商品以外かで使い分けるということを覚えれば充分です。

一度で全てを理解する必要はありません。
まずは、なんとなくこんなものか程度で良いので練習問題を解きながら、できる問題とできない問題をチェックしていってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回から決算手続きの解説に入りました。 決算の大きな流れとして、以下の3つを覚えておきましょう。 1.決算予備手続き ・・・・・棚卸表の作成と決算整理手続き 2.決算本手続き ・・・・・帳簿の締め切りと繰越し、繰越試算表の作成 3.財務諸表の作成 ...

レッスンお疲れ様でした。 最初に前回の伝票会計の続きで、一部現金取引の処理方法について解説しました。 3級では売上取引または仕入取引について、一部現金取引が出題されます。 一部現金取引とは、取引全体の一部分に現金取引が混在している取引です。 売上を例にすると、売上のうち一部は現金、残額...

レッスンお疲れさまでした。 今回は商品有高帳の解説をしました。 何をする帳簿かというと ⇒ 商品の入出庫及び残高を管理する ための帳簿で、商品の入出庫の都度、原価(仕入価格)で記入します。 一番のポイントは、払出(売上)があった場合の原価の計算方法です。 3級では以下の2つの...

レッスンお疲れ様でした。 冒頭にご質問の解説をした後、関連して総勘定元帳の記入と略式総勘定元帳(T勘定)を使った試算表作成問題の解答手順を説明しました。 貸借対照表(Balance Seet:B/S) ・・・・・・一定時点の財政状態を明らかにしたもの。    資産=負債+資本と...

レッスンお疲れ様でした。 前回の復習も兼ねて、過去問題の仕訳問題で確認しました。 まだ、学習し始めたばかりです。 完璧に回答するのが目的ではなく、資産・負債・資本・収益・費用の増減の組み合わせを意識しながら仕訳の作り方を感覚的に覚えていくようにしましょう。 試験問題の仕訳問題は必ず使用...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta