サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 東京 覚えやすい真人の日商簿記講座 レッスンノート 手形記入帳の見方、資本金と引出金のこと

手形記入帳の見方、資本金と引出金のこと

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

仕訳問題はケアレスミスに注意しましょう。固定資産の売却処分の問題は、もう一度やっておいて下さい。期首売却なのか?期中売却なのか?期末売却なのか?を判断するところから始めます。

訂正仕訳は直観で出来ると思いますが、念のため...

①間違えた仕訳をそのまま書く
②上記①の逆仕訳を書く
③本来の正しい仕訳を書く
④上記の仕訳の②+③が訂正仕訳です。

問題文に「訂正にあたっては、取引記録の全てを訂正する方法ではなく、記録の誤りのみを部分的に修正する方法によること」という指示がある場合、④は「相殺すべきは相殺し、合算すべきはして解答せよ!」ということです。

精算表は一カ所ミスがありましたが、合格です。

今回、新たにインプットしたのは「手形記入帳」という補助簿です。

受取手形記入帳なのか?支払手形記入帳なのか?どちらの手形記入帳なのかを判断する方法は覚えてますか?

左側の日付欄の側の勘定科目を見て下さい。
そこに売掛金や売上と記入されていれば「受取手形記入帳」ということになります。
買掛金や仕入と記入されていれば「支払手形記入帳」ということになります。
右側の日付欄の側には、その手形の顛末が書かれています。
受取手形の顛末は、「満期日に当座預金で回収」か「満期日以前に割引きするために銀行等に裏書譲渡したか」「仕入代金または買掛金を払う為に裏書譲渡した」かになります。
ですから、受取手形記入帳の顛末欄には、そんな内容が書かれます。

では、支払手形記入帳の顛末欄には、どんな内容が書かれているか考えて見て下さい。


資本金と引出金の処理方法も新たにインプットしました。

個人企業の経営者が、店のお金や商品を私用で消費した場合、仕訳ではどう処理するか?
これは店に対する元入れと逆の行為ですから、元入れした時と逆の仕訳をします。

なお、元入れとは、経営者が企業にお金を入れること、逆に経営者が私的に店の財産を消費することを引出しと言います。

☆店主が元入れした時⇒(現金預金)×××(資 本 金)×××
☆店主が引出しした時⇒(資 本 金)×××(現金預金or仕入)×××

店主が引出しした時、借方に資本金勘定を仕訳する代わりに、引出金勘定を使う場合があります。

わざわざ、引出金勘定を使うということは、企業のオーナ-に対し、プレッシャーを与えていると言えます。

経営者が資本金を食いつぶしている額が、常に帳簿上明確になるからです。

それにも関わらず、決算日に引出金残高があるということは、食いつぶした資本金を返済していなかったということです。
決算日には、その処理をしましす。引出金と資本金を振り返る仕訳をしてください。
新着レッスンノート

総まとめ講義の2回目の仕訳を考える前に、そうまとめ講義の1回目の第2問に税効果会計の問題を再度、復習してみます。 まず、税効果会計以前に税前利益を課税所得に修正する「加算調整」「減算調整」が出来ないといけなかったですね。 この調整は出来ていると思いますが、まだ危うい感じもしましたので、...

さて、第3問の仕訳ですが、他社を支配しようとして株式を買い集めている原始取得の段階では、まだ支配や大きな影響力を与えていないので「その他有価証券」勘定科目を使って仕訳しています。 したがって、「その他有価証券」勘定で記帳済みということになりますが、支配を獲得したら、当然、「子会社株式」勘...

仕訳問題を読み取って、正確な仕訳を刷るコツの続きです。 総まとめ講義の仕訳問題、前回のレッスンノート同様、第2問も同じ様にやってみましょう。 「・・・・@99円で取得した。」とあることから債券の購入をしたことが分かります。 ここから遡っていくと額面総額や、利率、利払日など、が出て...

2級の試験問題の、第1問の仕訳問題ですが、2級の仕訳問題は3級に比べ、問題文が長文になっています。 そのため、文章の読解力が必要になるのですが、読解力があっても、悪文の出題者が多く、困ったものです(笑)。 そこで、読解力に自信がなくとも、問題が悪文でも仕訳出来る方法を再度確認します。 ...

費目別計算もBOXを使うとやりやすいです。 何のデータが必要で、どう計算したらいいかはBOXを書ければ自ずとわかります。 ①主要材料費は予定消費単価を使うので当月消費額を矢印の先端に書きましょう。 今日練習した材料BOXを書けるようにしましょう。 ②直接工の賃金消費計算は@予定賃率...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta