サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 東京 覚えやすい真人の日商簿記講座 レッスンノート 手形記入帳の見方、資本金と引出金のこと

手形記入帳の見方、資本金と引出金のこと

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

仕訳問題はケアレスミスに注意しましょう。固定資産の売却処分の問題は、もう一度やっておいて下さい。期首売却なのか?期中売却なのか?期末売却なのか?を判断するところから始めます。

訂正仕訳は直観で出来ると思いますが、念のため...

①間違えた仕訳をそのまま書く
②上記①の逆仕訳を書く
③本来の正しい仕訳を書く
④上記の仕訳の②+③が訂正仕訳です。

問題文に「訂正にあたっては、取引記録の全てを訂正する方法ではなく、記録の誤りのみを部分的に修正する方法によること」という指示がある場合、④は「相殺すべきは相殺し、合算すべきはして解答せよ!」ということです。

精算表は一カ所ミスがありましたが、合格です。

今回、新たにインプットしたのは「手形記入帳」という補助簿です。

受取手形記入帳なのか?支払手形記入帳なのか?どちらの手形記入帳なのかを判断する方法は覚えてますか?

左側の日付欄の側の勘定科目を見て下さい。
そこに売掛金や売上と記入されていれば「受取手形記入帳」ということになります。
買掛金や仕入と記入されていれば「支払手形記入帳」ということになります。
右側の日付欄の側には、その手形の顛末が書かれています。
受取手形の顛末は、「満期日に当座預金で回収」か「満期日以前に割引きするために銀行等に裏書譲渡したか」「仕入代金または買掛金を払う為に裏書譲渡した」かになります。
ですから、受取手形記入帳の顛末欄には、そんな内容が書かれます。

では、支払手形記入帳の顛末欄には、どんな内容が書かれているか考えて見て下さい。


資本金と引出金の処理方法も新たにインプットしました。

個人企業の経営者が、店のお金や商品を私用で消費した場合、仕訳ではどう処理するか?
これは店に対する元入れと逆の行為ですから、元入れした時と逆の仕訳をします。

なお、元入れとは、経営者が企業にお金を入れること、逆に経営者が私的に店の財産を消費することを引出しと言います。

☆店主が元入れした時⇒(現金預金)×××(資 本 金)×××
☆店主が引出しした時⇒(資 本 金)×××(現金預金or仕入)×××

店主が引出しした時、借方に資本金勘定を仕訳する代わりに、引出金勘定を使う場合があります。

わざわざ、引出金勘定を使うということは、企業のオーナ-に対し、プレッシャーを与えていると言えます。

経営者が資本金を食いつぶしている額が、常に帳簿上明確になるからです。

それにも関わらず、決算日に引出金残高があるということは、食いつぶした資本金を返済していなかったということです。
決算日には、その処理をしましす。引出金と資本金を振り返る仕訳をしてください。
新着レッスンノート

帳簿の見方ですが、現金から資本金までの部分が財産の状態を表す「貸借対照表」です。 これが、申告書の裏側に記入するものになります。 売上から下が経営成績を現す「損益計算書」です。 これは得意な部分ですよね。 申告書の表側に記入するものです。 昨年度の申告については、税務署に、念...

今回の試験では、法人税等の税額計算と、それに伴う税効果会計が出ると思われます。 税効果会計は仕訳及びPLへの法人税等調整額の記入の仕方も覚えておいて下さい。 法人税等調整額に関係ないのが「その他有価証券」の評価替えに伴う税効果会計の仕訳です。 評価替えして右側に評価差額金を計上する場合、...

今回の試験では、法人税等の税額計算と、それに伴う税効果会計が出ると思われます。また、成果連結のアップストリームまでの連結修正も出ると思います。 工簿は直接原価計算、CVP分析、部門別、などが要注意です。 税効果会計は仕訳及びPLへの法人税等調整額の記入の仕方も覚えておいて下さい。 法...

成果連結がダウンストリームの場合、連結修正した時、親会社に利益が出る!または親会社に損失が出る!ということが起こっても、別に何もすることもありません。 しかし、成果連結がアップストリームの場合、連結修正すると、子会社に利益が出る!または子会社に損失が出る!ということが起きた場合、子会社の...

網羅問題は、応用問題で構成されていますので難し目です。 今回質問にお応えしたのは標準原価計算の応用問題でした。 応用問題とはいえ、何か特別な応用的な解答方法を考え出して、問題を解いていくのか?というと、そんな事はないわけです。 応用問題であっても、「基本的な解き方で使うツール...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta