サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 東京 覚えやすい真人の日商簿記講座 レッスンノート 仕訳理論と実践練習

仕訳理論と実践練習

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

取引をしたため会社が所有している財産(資産・負債・純資産)に増減変化が起きたら、その増減を「簿記のルール」で仕訳します。

仕訳は、最終的に貸借対照表(BS)や損益計算書(PL)を作るために行うものです。
ですから仕訳は、BSやPLのホームポジションと大いに関係があります。

どんな関係か覚えてますか?

BSのホームポジションは左が資産、右が負債と純資産でした。

仕訳理論は、これらが手許に増加したらホームポジション側に仕訳し、減少したらホームポジションと反対側に仕訳するというものです。

元々、仕訳とは「分けて、整理する」ことです。
物やお金や権利(債権)は資産ですから自分の手許に増えたら、ホームポジション側の左に仕訳し、減ったらホームポジションと逆側の右に仕訳します。

借入金や買掛金、前受け金などの負債(債務)は増えたらホームポジションが右ですから右側に仕訳します。
支払義務や返済義務、商品引渡義務を負ってしまったら右に仕訳るのです。

逆に、支払いしたり、返済したり、商品を渡したりすれば、債務が減るのでホームポジションと逆側の左に仕訳るのです。

このことを、仕訳の実践練習を通じて、よく頭に叩き込んでおいて下さいね。
新着レッスンノート

帳簿の見方ですが、現金から資本金までの部分が財産の状態を表す「貸借対照表」です。 これが、申告書の裏側に記入するものになります。 売上から下が経営成績を現す「損益計算書」です。 これは得意な部分ですよね。 申告書の表側に記入するものです。 昨年度の申告については、税務署に、念...

今回の試験では、法人税等の税額計算と、それに伴う税効果会計が出ると思われます。 税効果会計は仕訳及びPLへの法人税等調整額の記入の仕方も覚えておいて下さい。 法人税等調整額に関係ないのが「その他有価証券」の評価替えに伴う税効果会計の仕訳です。 評価替えして右側に評価差額金を計上する場合、...

今回の試験では、法人税等の税額計算と、それに伴う税効果会計が出ると思われます。また、成果連結のアップストリームまでの連結修正も出ると思います。 工簿は直接原価計算、CVP分析、部門別、などが要注意です。 税効果会計は仕訳及びPLへの法人税等調整額の記入の仕方も覚えておいて下さい。 法...

成果連結がダウンストリームの場合、連結修正した時、親会社に利益が出る!または親会社に損失が出る!ということが起こっても、別に何もすることもありません。 しかし、成果連結がアップストリームの場合、連結修正すると、子会社に利益が出る!または子会社に損失が出る!ということが起きた場合、子会社の...

網羅問題は、応用問題で構成されていますので難し目です。 今回質問にお応えしたのは標準原価計算の応用問題でした。 応用問題とはいえ、何か特別な応用的な解答方法を考え出して、問題を解いていくのか?というと、そんな事はないわけです。 応用問題であっても、「基本的な解き方で使うツール...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta