サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 大阪 現役会計事務所職員による日商簿記3級講座 レッスンノート 項目一通り完了

項目一通り完了

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は前回の続き、売上原価の項目からやっていきました。
・売上原価
三分法と分記法での記帳方法、また三分法でも「売上原価」勘定を使う場合の仕訳もしっかり復習しておいてください。
・約束手形
手形を振り出した側「支払手形」、受け取った側「受取手形」また手形の裏書譲渡「受取手形の減少」をしっかり理解し復習しておいてください。
また、手形の割引も必須項目です。しっかり理解しましょう。
・当座借越
預金のマイナスが少しイメージ付きにくいかもしれませんが、しっかり読んで理解しておいてください。
当座借越の記帳方法は一勘定制と二勘定制があり、一勘定制は「当座」勘定を使い残高がマイナスの場合は貸方に当座が表示されるようになります。
二勘定制では「当座預金」と「当座借越」勘定を使い、マイナス残高になった場合は当座借越を使って仕訳を切ります。
・資本金
法人の資本金と少し毛色が違うので理解しにくいところもあるかもしれません。
開業資金を資本金として計上し、そのお店の商品を個人的に使ったり、お金を使ったりする時は資本金を減らします。
・手形貸付金
普通の貸付金と借入金と処理は一緒ですが文章で「手形を受け取った」など出てくるので受取手形や支払手形と間違えないように気をつけましょう。


これでほとんどの単元が完了したので仕訳問題はほとんど解けます。
どんどん仕訳問題を解いて分からないところがあれば質問してきてください。
新着レッスンノート

今日は簿記検定前日。 最後の仕上げとして精算表作成をやりました。 明日は本番です。 しっかり頑張ってください

今回は精算表を作成する前の決算整理仕訳について学びました。 費用、収益の見越し、繰り延べ 未払費用、前払費用、未収収益、前受収益 それぞれパターンは決まっているのでしっかり復習してください。

今回は全体的な習熟度を測るためにランダムに抜き出して第105回の過去問を中心に学習しました ①仕入取引、当座借越 ②固定資産の売却、未収入金 ③小口現金の補充 ④売上取引、前受金 が単元として出題されていましたが、現状正答にたどり着くことが出来ていません。 補助としてヒント...

今回は少し色々な項目について学習しました ・資本金(資本の引き出し等) ・租税公課(税金の支払い) 特に租税公課では店舗兼住宅の固定資産税の支払いなどで資本の引き出しと租税公課の項目がセットで出てくることも多いのでしっかり復習して定着させてください。 復習はこの項目のみ...

今回は復習項目+新規の項目として「貸倒引当金」を学習しました。 貸倒引当金とは期末時点の売掛金等の債権の残高に対し、取引先の倒産等により売掛金などの債権が回収できなくなったときの損失をあらかじめ見積もって資産のマイナス項目として貸借対照表に表示しておくために設定するものです。 勘定...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta