サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 東京 窪田祐也の日商簿記3級試験講座+α レッスンノート 簿記一巡の復習&現金・当座預金・小口現金・手形

簿記一巡の復習&現金・当座預金・小口現金・手形

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした。

本日は前回の復習(簿記一巡)と各論点(現金・当座預金・小口現金・手形)を学習しました。
以下、各論点ごとに整理して、記述します。

<簿記一巡について>
簿記一巡は、取引→仕訳を皮切りに、ゴールは貸借対照表・損益計算書などの財務諸表を作成することです。
そして簿記では、主に仕訳の方法、財務諸表を作るための仕組・方法を勉強します。
最初から、すべてを理解はできないと思いますが、簿記一巡の全体像をある程度把握しておくと、ご自身で勉強している時に、何を勉強しているのかを見失わず、理解が進むにつれて簿記一巡の全体像が見えてきます。
そこまで達するのは、決して容易いことではないと思いますが、着実に1歩ずつ前進することが大切です。
焦らず少しずつ研鑽をしてください!

<現金・当座預金・小口現金・手形>
それぞれの処理は、もう一回復習する時に一読していただければ、ある程度理解できると思います。
ポイントは、それぞれの処理が何をしているのか、その処理の目的・意義は何なのかを意識することです。
それぞれの処理の目的・意義は、冒頭部分に書いてあると思うので、じっくり読んでみてください。

<フロー項目・スットク項目について>
このサイトの説明がわかりやすかったので、読んでみてください!
BS→ストック項目、PL→フロー項目です!
http://kanrikaikei-sys.com/2012/04/376/

<オススメの本>
「さおだけ屋はなぜ潰れないか」と、これも読んでみてください!
「決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法」
https://booklive.jp/product/index/title_id/111194/vol_no/001

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta