資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験レッスンノート 日商簿記3級1回目レッスン

日商簿記3級1回目レッスン

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

長時間のレッスン受講ご苦労様でした。
本日のレッスン内容は下記の通りです。

1.簿記の意義と仕組み
2.仕訳と転記
3.仕訳帳と元帳
4.決算

ポイントは下記の通りです。
1.簿記で仕訳を行うのは貸借対照表項目(3項目)と損益計算書項目(2項目)の変動がある場合のみ。契約時など所有権やモノが移転しない場合は仕訳なし。
2.貸借対照表項目の位置と各項目にそれぞれどのような勘定科目があるか覚える。
3.損益計算書項目の位置と各項目にそれぞれどのような勘定科目があるか覚える。
4.貸借対照表も損益計算書も貸借はそれぞれ一致する。
5.当期純利益(損失)は2通りの計算方法がある。
・財産法=期末資本金-期首資本金
・損益法=収益-費用
6.売掛金と未収入金、買掛金と未払金の違いを理解する。
7.未収入金と未収収益、未払金と未払費用の違いを理解する。
8.前払金と前払費用、前受金と前受収益の違いを理解する。
9.後で費用化されるものも資産である。ex.建物、備品、前払金、前払費用、他店商品券、消耗品、商品
10.後で収益化されるものも負債である。ex.前受金、前受収益、商品券
11.表示科目と勘定科目は異なる。
12.取引の10要素を理解する。但し、BS項目、PL項目が書ければ理解できていることになる。
13.転記とは仕訳帳から総勘定元帳に移して記入すること。
14.普通仕訳帳の記載方法をマスターする。
・仕訳は勘定科目を段違いに記入
・勘定科目に括弧を付ける
・元丁欄の意味を理解する
・複数の勘定科目が並んだら一番上の行に「諸口」を記載する。
15.総勘定元帳の記載方法をマスターする。
・まず、日付と金額を記載する。
・次に相手勘定を記載する。
・仕丁欄の意味を理解する。
・英米式決算法を理解する。
16.英米式決算法
・BS項目は前期繰越、次期繰越を記載して貸借を一致させて締め切る。
・前期繰越、次期繰越は仕訳しない。
・PL項目は損益を記載して締め切る。損益は仕訳する。
・損益は最終的に資本金に振替える。その時の仕訳の資本金の位置は当期純利益であれば貸方、当期純損失であれば借方になる。すなわちBS項目の資本金の位置を理解していれば仕訳できる。相手勘定は損益である。
・損益勘定の総勘定元帳はPLそのものである。但し、当期純利益は資本金勘定で表示される。
17.試算表には3種類ある。それぞれの内容と作成方法を理解する。試算表は帳簿外で作成するものである。
18.精算表の作成方法を理解する。但し、勘定科目がどの5項目に含まれ、それぞれBS項目かPL項目か理解できていれば作成できる。
この表の中の勘定科目は表示科目ではないことに注意する。
19.財務諸表
外部公表のため作成する正式な決算書でこのBSとPLは表示科目を使用する。

一度に覚えることは無理ですのでとりあえず理解してください。例題と練習問題を解くうちに自然に覚えていくと思いますのでご安心ください。

尚、復習は一番大切です。忘れないうちに早く復習してください。早く復習するほど時間が少なくて済みます。
まず、レジュメをみて、できれば大学ノートに書き移すと効果が早く出ます。
テキストは流し読みして例示問題と練習問題を3回程度解いてください。

必ず、今度の試験で受かるつもりで気合を入れて勉強してくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

会計税理士事務所を開業。基礎~最短1ヶ月の集中型のレッスンまで!

眞司の日商簿記3級試験講座
大里眞司 (日商簿記3級試験)

京橋・三条・河原町/四条・樟葉・枚方市・香里園・天満橋・淀屋橋

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta