資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験レッスンノート 日商3級対策  理解していない論点

日商3級対策  理解していない論点

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今日は日商3級対策として、模擬試験問題等で解答を見ても解き方が分からなかったところを重点的に学習しました。
主なものあげておきますので確認してください。
①売掛金が実際に貸倒れたとき、貸倒損失を計上する場合と、貸倒引当金を取り崩す場合があるが、どう区別するのか?
 問題文に「前期獲得した売掛金が貸倒れた」とあれば貸倒損失を計上してはいけません。前期から繰り越してきた売掛金、言い換えれば決算日を通過してきた売掛金には、決算日に貸倒引当金を設定していますね。最初から、貸倒れることを見積もっているわけです。その売掛金が実際に貸倒れたら、引当金を取り崩して処理します。貸倒引当金を設定した時点で既に、貸倒引当金繰入という費用を計上してあるのですからね。
ということは、当期獲得した売掛金が当期に貸倒た場合は、貸倒損失を計上します。
決算を通過していなければ引当金が設定されていませんから、取り崩しも出来ないという理屈です。
②小切手を受け渡ししたとき、当座預金勘定を使う場合と現金勘定を使う場合があるがどうやって見分けるの?
 これは、3級の基本中の基本ですから必ず覚えてくださいね。
 小切手は、我が当座預金からお金を引き出すことが出来る証券です。ですから、これを代金決済等のために振り出して、人に渡したら、当座預金のお金が減ることになりますね。これに対し、他人が振り出した小切手を受け取ったら、いつでもこの小切手を現金にすることが出来ることになります。ですから、こう覚えます。小切手を振り出したら、当座預金の減少。小切手をもらったら現金の増加。
 しかし、小切手をもらった場合には例外があります。以前に自分が振り出した小切手が人から人に譲渡されて、その挙句、自分のところに戻ってきたらどうなるか考えてみてください。以前に小切手を振り出した時点で、仕訳では貸方当座預金としています。しかし、誰も我が当座預金を引き出すことをせず、自分のところに自分が振り出した小切手が戻ってきたわけですね。ということは、以前に貸方当座預金とした処理が実現していないことになりますので、当座預金を元に戻さなければいけません。仕訳は、借方当座預金とします。
この事が必ず試験で、どこかで問われます。したがって、「自分小切手は振り出しても、受け取っても当座預金で処理し、他人小切手はもらっても譲渡しても現金で処理する!」と覚えておけばいいのではないでしょうか。
③売上原価は売上原価勘定を使って表示
 精算表の作り方は覚えましたか?まず、試算表上の繰越商品残高を修正欄右にはずしますね。そして今、売れ残っている期末商品棚卸高を修正欄左に入れます。
そしたら、これを売上原価の行にクロスします。次に、試算表上の仕入残高を修正欄右に入れてはずします。これと同額を、売上原価の行の左側に入れます。これで出来上がりですね。仕訳は、「うくうしくう」でしたね(笑)。覚えてますか?
④精算表の推定問題
 これは、下から攻めていきましょう。下から攻めていって、どこにもヒントが無い場合は後回しにします。そして後で、合計額の差額で推定してください。
精算表の推定問題は、一見難しそうですが、もう一度やってみてください。それほど難しくないですよ。要するに慣れですね。
それでは頑張ってください。応援してます。
このレッスンノートを書いたコーチ

早稲田出身の起業家。本にない面白い話、儲かる仕組み作り等も知れる!

覚えやすい真人の日商簿記講座
石黒真人 (日商簿記3級試験)

東京・渋谷・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・田...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta