資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験レッスンノート 簿記一巡の流れと取引の把握

簿記一巡の流れと取引の把握

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回は、簿記一巡の流れを解説して全体像を掴んでもらった上で、まずは取引を把握することに焦点をあてて解説しました。
簿記上では、取引内容を資産・負債・資本・収益・費用の5種類に分類して、この5種類の増減が生じた場合に取引と認識します。
ここには、一定の関係が存在しています。
1.資産+費用=負債+資本+収益・・・試算表
2.資産=負債+資本・・・・・・・・・貸借対照表
3.費用+利益=収益・・・・・・・・・損益計算書
4.期首資本+利益=期末資本
5.期末資産=期末負債+期首資本+利益(2と4の応用)

そして、この取引状況をいつどんな取引があったかを仕訳という形で記録していきます。
ここでは「いつ」という日付が主体となっています。
これを「何が」(例えば、現金や借入金という科目)どれだけ増減しているかを分かりやすくした場合の「何が」を勘定といい、仕訳を勘定にばらすことを「転記」と言いました。
ここでは「何が」という「勘定」が主体になっています。

結果として、仕訳も勘定も同じものを記入しているので、
仕訳の借方合計=仕訳の貸方合計
勘定の借方合計=勘定の貸方合計
さらに、
仕訳の借方合計=勘定の借方合計
仕訳の貸方合計=勘定の貸方合計
という関係が成り立っていることを理解しておいてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

楽しくなる簿記講座
塚本ミツヒロ (日商簿記3級試験)

新宿・池袋・武蔵浦和・南浦和・赤羽・浦和・板橋・十条・蕨・西川口・川口

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta