資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験レッスンノート 簿記の基本の復習

簿記の基本の復習

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回は、体験レッスン後初めてのレッスンということもあり、今後の学習に備えて簿記の基本的仕組みを問題を使って復習しました。
1.簿記では取引要素を資産、負債、資本(純資産)、収益、費用の5種類に分類する。
2.この5種類の要素の増減の組み合わせを、仕訳という形で左右対にして記録し、左側=借方、右側=貸方と呼ぶ。
3.借方、貸方は常に金額が一致していて、これを「貸借平均の原理」とか「貸借一致の原理」などという。
4.資産=負債+資本、収益=費用+利益(-損失)、期首資本+利益(-損失)=期末資本という関係等式が成り立つ。

大局的には、全てはこの基本的仕組みの応用でしかありません。
どんなに高度な勉強においても、この仕組みの上に成り立っています。
当たり前すぎて、あまり考えたことが無いと思いますが、学習し始めの今だからこそ、しっかり復習しておきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

楽しくなる簿記講座
塚本ミツヒロ (日商簿記3級試験)

新宿・池袋・武蔵浦和・南浦和・赤羽・浦和・板橋・十条・蕨・西川口・川口

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta