資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験レッスンノート 資産、負債、収益、費用の区分/安全性分析

資産、負債、収益、費用の区分/安全性分析

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!

今回のレッスンでは、以下の内容をレッスンで扱うことができたかと思います。

【資産・負債の区分~流動と固定】
お持ちいただいた貸借対照表でも確認した通り、
○資産は流動資産と固定資産、
○負債も流動負債と固定負債
に区分するのが一般的です。それぞれ以下のように区分されます。
・一年以内に現金化されるのが流動資産
・現金化されるのに一年超かかるのが固定資産
・一年以内に支払う必要があるのが流動負債
・支払う義務が一年後より後なのが固定負債
(※上記の区分は、厳密には正しくないのですが、現時点では上記認識で問題ないと思います。より厳密な区分方法は、後々のレッスンでお伝えしていきます)

【収益、費用の区分】
収益、費用についても、おもちいただいた損益計算書で確認しました通り、いくつかの区分に分けられることを確認できました。以下の通りです。

①売上高…収益のうち、会社の主たる事業によって生じたもの
②売上原価…①の商品について仕入等に要した費用
※売上総利益=①-②
③販売費および一般管理費…販売に要した費用や、会社の一般的活動(本社としての活動など)に要した費用
※営業利益=売上総利益-③
④営業外収益…収益のうち、会社の主たる事業以外によって生じたもの
⑤営業外費用…費用のうち、会社の主たる事業以外によって生じたもの
※経常利益=営業利益+④-⑤
⑥特別利益…収益のうち、臨時的要因で生じたもの
⑦特別損失…費用のうち、臨時的要因で生じたもの
※税引前当期純利益=経常利益+⑥-⑦
⑧法人税等…費用のうち、企業の利益に対して課せられる税金
※当期純利益=税引前当期純利益-⑧

…上記の通り、費用、収益の区分により、最終的な当期純利益に至る前の段階的な損益がいくつかあることも確認できました。


【安全性分析】
貸借対照表を用いて、企業の安全性(支払い能力は十分か、将来にわたって支払は滞りなく行われるか)を分析する指標として
○流動比率
○自己資本比率
○固定比率
を見ていきました。
このレッスンノートを書いたコーチ

初学者でもOK!大手監査法人での実務経験も活かし、勉強のノウハウを伝授

スドウの日商簿記3級試験講座
須藤大輔 (日商簿記3級試験)

上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・水道橋・飯田橋・津田沼・北千住・綾瀬・金町・浅草・神...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta