資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験レッスンノート 決算処理

決算処理

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
前回、決算処理の内、収益・費用項目を損益勘定に振り替えるところまで学習しましたので、今回はその続きを学習しました。

損益勘定の貸借差額は当期純利益または当期純損失ですが、勘定記入上は資本金に振り替えます。(3級だけの処理)
注意すべきは、当期純利益または当期純損失という勘定科目は無いということです。

その後、資産・負債・資本勘定を貸借合計が一致するように、次期繰越と朱記します。
ここでも注意すべきは、次期繰越は仕訳を起こさないことです。
単純に貸借差額を次期繰越と記入するだけでした。

さらにその後、翌期首の日付で次期繰越とは貸借逆に前期繰越と記入し、次期繰越額を一覧にした繰越試算表を作成して勘定の締め切り処理は終了です。

ここまでの流れで、
1.収益・費用を損益勘定に振替え、当期純利益(当期純損失)を資本金に振り替えるまでの処理を【決算振替】と言います。
2.資産・負債・資本勘定に次期繰越を記入する処理を【繰越記入】と言います。
3.資産・負債・資本勘定に翌期首の日付で前期繰越を記入する処理を【開始記入】と言います。
それぞれの処理名称は覚えておきましょう。

一方、決算書作成作業では、精算表を作成し精算表から公表用の損益計算書と貸借対照表を作成します。
その際、損益計算書と貸借対照表の科目は、勘定科目ではなく表示科目であることに注意してください。
3級では、勘定科目と表示科目は1か所を除いて同じですから勘違いしやすいです。
唯一、その違いが出ている個所が資本でしたね。
貸借対照表では資本金(期首)と当期純利益が表示されていますが、勘定では期首資本金と当期純利益が合計されています。(期末資本金)

これは、あとあと簿記の仕組みを理解する上でとても重要なことですから、しっかりと覚えておいてください。

前回からしばらく間が開いてしまいましたが、しっかりと復習していたのでスムーズに進められました。
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

楽しくなる簿記講座
塚本ミツヒロ (日商簿記3級試験)

新宿・池袋・武蔵浦和・南浦和・赤羽・浦和・板橋・十条・蕨・西川口・川口

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta