サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 レッスンノート 《本支店会計》本支店会計の...

《本支店会計》本支店会計の...

日商簿記3級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

《本支店会計》

本支店会計の問題が出たら、本店側の仕訳と支店側の仕訳に分けてください。

問題文に、未達事項と決算整理事項が与えられていたら、まず未達事項から仕訳してください。

「本店」と「支店」の金額は、必ずイコールになります。
「本店より仕入」と「支店へ売上」の金額も、必ずイコールになります。

支店側の「繰越商品」には、繰延内部利益が含まれていることに注意してください。

このレッスンノートを書いたコーチ

経理に役立つ簿記の基礎をレクチャー。応用問題に対応できる力を明るく養成

新着レッスンノート

簿記とは・・・ 毎日の取引(売買などに関するお金などのやり取り)を帳簿に記録することです。 なぜこのように記録をするかというと・・・ 一年に一度(一会計期間)、貸借対照表と損益計算書を作成するからです。 正しい貸借対照表と損益計算書を作るために、毎日の取引の記録を元に集計します。 ...

《経過勘定の見越し繰り延べ》 収益の繰延べ→前受○○、費用の繰延べ→前払○○ 収益の見越し→未収○○、費用の見越し→未払○○ 覚え方は、『クマの耳』です。 「く」りのべ は 「ま」えばらい (または「ま」えうけ) 「み」こし は 「み」しゅう (または「み」ばらい)

【前払金・前受金】 通常の取引きは、「対価(代金)の支払い」と「役務(モノやサービス)の提供」が同時です。 ですが、前払金と前受金は、同時ではありません。 前払金・・・資産の勘定科目       先に対価を払って、役務の提供を受ける権利を持っているので資産です。       ...

以下を忘れないように・・・ ・現金の範囲 ①紙幣・硬貨 ②他人振出小切手(自分で振出した小切手が戻ってきたら、借方:当座預金) ③送金小切手 ④郵便為替証書 ⑤配当金領収書 ⑥期限到来後の公社債利札 ・二勘定制・・・当座預金と当座借越 ・一勘定制・・・当座 ・手...

補足 ①引出金 ②償却債権取立益 少し気になったので、もし分からなかったら、次回お話します。 ①引出金 これは、店主個人のためにお金を使った場合の処理方法として2パターンあります。 1つは、資本金を直接減額する もう1つは、引出金を使う この引出金は、資本金の仮の勘...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta