サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験 東京 ギモン解決 日商簿記2級講座 レッスンノート 商業簿記2級テキスト

商業簿記2級テキスト

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

《商品売買》
決算仕訳
借方:【仕入】   /貸方:【繰越商品】
借方:【繰越商品】 /貸方:【仕入】

これが、何をやっているのか、もう一度復習してください。
【仕入】の勘定科目を集計すると→売り上がった分の原価(売上原価)が分かります。
【繰越商品】の勘定科目の金額は→翌期に繰り越す商品の金額です。(前期から繰り越された分は、消されます)

2級では、翌期に繰り越す【繰越商品】は、実際に残っている商品の金額にしなければいけません。
【棚卸減耗損】商品の数が減ってしまった 減ってしまった数量×原価
【商品評価損】商品の価値が下がってしまった 下がった価値×実際の数量
このレッスンノートを書いたコーチ

応用問題が面白いほど解ける!独学で躓きやすい箇所も経理の先生がサポート

新着レッスンノート

工業簿記 【CVP分析の問題】 売上高-変動費=貢献利益 売上高×貢献利益率=貢献利益 売上高×変動費率=変動費 変動費率が0.6だとすると、 売上高(1)-変動費率(0.6)=貢献利益率は、0.4です。 損益分岐点の答える問題でしたら、 貢献利益=固定費 な...

《仕損に評価額がある場合の計算方法》 レッスンの最後にさらっと話が終わってしまいましたが、評価額がある場合、完成品原価から評価額を引く、というパターンだけではないので、ご注意下さい。 次回のレッスンで、復習したいと思いますが、簡単に説明しておきます。問題集をやる際に、参考になさって下さい。...

<本支店会計> 本店集中計算制度とは、支店間の取引があった場合、本店を経由して仕訳をすること。 支店間の取引 ①支店の仕訳を書く 1つの取引の借方側と貸方側を、2つの支店が負担している。 【例】A支店が、B支店の広告宣伝費¥10,000を現金で支払った A支店 借方:?/貸...

工業簿記第5問 【等級別総合原価計算】 等価係数とは、等級(重量や大きさ)が違う製品の単位をそろえるためのものです。 完成品総合原価は、積数の比で按分します。 積数とは、等価係数に各等級品の生産量をかけて求めた数のことです。 積数=等価係数×生産量

<連結会計の手順> ①投資と資本の相殺消去 ・図を書いて、期首の金額を転記して下さい。 ・利益剰余金は、借方、貸方の差額で出して下さい。 ②当期純損益の按分 ③配当金の振替 ・配当が、なかったらやりません。 ④のれんの償却 ⑤内部取引の相殺消去  ・売上高...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記2級試験情報

サイタの日商簿記2級試験講師がブログを通して、日商簿記2級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記2級試験の先生

@Boki2Cyta