サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験 東京 ギモン解決 日商簿記2級講座 レッスンノート 商業簿記2級テキスト

商業簿記2級テキスト

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

《商品売買》
決算仕訳
借方:【仕入】   /貸方:【繰越商品】
借方:【繰越商品】 /貸方:【仕入】

これが、何をやっているのか、もう一度復習してください。
【仕入】の勘定科目を集計すると→売り上がった分の原価(売上原価)が分かります。
【繰越商品】の勘定科目の金額は→翌期に繰り越す商品の金額です。(前期から繰り越された分は、消されます)

2級では、翌期に繰り越す【繰越商品】は、実際に残っている商品の金額にしなければいけません。
【棚卸減耗損】商品の数が減ってしまった 減ってしまった数量×原価
【商品評価損】商品の価値が下がってしまった 下がった価値×実際の数量
このレッスンノートを書いたコーチ

応用問題が面白いほど解ける!独学で躓きやすい箇所も経理の先生がサポート

新着レッスンノート

<仕損・減損について> 仕損・・・作業の途中で失敗してしまうこと。 仕損品が残っているので、評価額があります。 減損・・・蒸発などにより、数量が減ってしまうこと。 何も残っていないので、減損の時は、評価額がありません。 <材料の追加投入> ボックス図の書き方に注意して下...

<等級別原価計算> まず、完成品と月末仕掛品原価は等級別ではなく、一括して計算します。等価係数のデータは、必要ありません。 その後等級ごとに原価を按分します。 等級別のイメージは、サイズ違い(例えばS、M、Lサイズ) 同一の基準にしてあげて、原価を按分します。 例えば、 ...

総合原価計算の解き方手順 1、BOX図を書きます。材料費の下にカッコ書きで(加工費) 2、問題の資料に与えられている情報を転記します。 月初、当月、完成、月末の個数(加工費は、完成品換算量)と金額 3-1、先入先出法の場合 月末の金額を計算します。当月投入分から単価を出し...

<個別原価計算> 製品ごとの原価を計算する方法 製造すべき製品の種類や数量、納期などが簡単に書かれている「製造指図書(せいぞうさしずしょ)」が資料として与えられます。 ・製造直接費・・・直接材料費・直接労務費 どの製品に対して発生したのかが明確に分かる原価なので、各製品に直接負...

工業簿記は、まず下記の流れ(勘定連絡図)を覚えて下さい。 直接材料   直接労務費  直接経費  ⇒仕掛品 間接材料   間接労務費  間接経費  ⇒製造間接費 製造間接費→仕掛品  仕掛品→製品 また、間違えやすい分類は、 ・買入部品費→直接材料費 ...

レッスンノート ページ先頭へ

日商簿記2級試験情報

サイタの日商簿記2級試験講師がブログを通して、日商簿記2級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記2級試験の先生

@Boki2Cyta