サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験 埼玉 役に立つ簿記2級スクール レッスンノート 工業簿記の体系と原価計算との関係

工業簿記の体系と原価計算との関係

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回は工業簿記の全体像を解説するとともに、原価計算と工業簿記の関係を解説しました。
基本的に受注生産=個別原価計算、大量生産=総合原価計算の2種類しかないことが今日一番のポイントです。

総合原価計算は、1種類の製品を生産するか、他品種を生産するかで、単一総合原価計算と組別総合原価計算に分かれます。
仕掛品までは単一で完成品が数種類出来るのが、等級別総合原価計算です。

部門別計算は、製造間接費から仕掛品に流れる途中に、部門別体系が割り込んでくる体系でしたね。
テキストに勘定連絡図が示されていたとおりです。

具体的な解説に入る前に全体像をしっかり掴んでおきましょう。

今後はこの枠の範囲で、どの部分のことなのかを意識しながら解説していきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務経験や社員向け指導経験も豊富。1級を視野に入れた最短勉強法とは

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は個別原価計算を学習しました。 今までは、費目別の計算を学習してきましたが、今度は具体的に製品の製造の計算部門に入っていきます。 個別原価計算は、受注生産における製品製造の場合の計算で、フルオーダーのことです。 その為、製造原価(仕掛品)の計算は製造指図書...

レッスンお疲れ様でした。 今回は製造間接費予算について解説しました。 製造間接費の予定配賦をする場合の予定配賦額とは、予算額を基準操業度で割って予定配賦率を算出します。 この場合の予算額には、固定予算と変動予算がありました。 固定予算・・・実際の操業度とは関係なく予算は毎月一定額と...

レッスンお疲れ様でした。 前回に続き、費目別計算の復習のご要望により、問題を使いながら質問にお答えする形で進めました。 特に材料費と労務費が質問の中心でした。 問題文を読んで、その問題の勘定体系がどうなっているかを把握できるようになると、解答をしやすいのですが、今に段階では少し難しいかも...

レッスンお疲れ様でした。 今回はご要望により材料費、労務費、経費の復習を練習問題を使って行いました。 まずは、勘定体系をしっかり覚えましょう。 次に用語の意味、特に「消費」という用語は、各費目勘定の右側(貸方)から仕掛品または製造間接費の左側(借方)に流れていくところを指しています。 ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は製造間接費について、予定配賦をする意味と予定配賦の方法について及び差異分析について解説しました。 予定配賦するのは、製造原価の計算をリアルタイムで計算すことに意味があります。 それによって、利益計算や利益計画に役立てる為です。 予定配賦をすることで、勘定...

レッスンノート ページ先頭へ