サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験 埼玉 役に立つ簿記2級スクール レッスンノート 工業簿記の体系と原価計算との関係

工業簿記の体系と原価計算との関係

日商簿記2級試験講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回は工業簿記の全体像を解説するとともに、原価計算と工業簿記の関係を解説しました。
基本的に受注生産=個別原価計算、大量生産=総合原価計算の2種類しかないことが今日一番のポイントです。

総合原価計算は、1種類の製品を生産するか、他品種を生産するかで、単一総合原価計算と組別総合原価計算に分かれます。
仕掛品までは単一で完成品が数種類出来るのが、等級別総合原価計算です。

部門別計算は、製造間接費から仕掛品に流れる途中に、部門別体系が割り込んでくる体系でしたね。
テキストに勘定連絡図が示されていたとおりです。

具体的な解説に入る前に全体像をしっかり掴んでおきましょう。

今後はこの枠の範囲で、どの部分のことなのかを意識しながら解説していきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務経験や社員向け指導経験も豊富。1級を視野に入れた最短勉強法とは

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は、前期および前々期の決算書を使って、簡易なキャッシュフロー計算書を作ってみました。 キャッシュフロー計算書からは、貸借対照表や損益計算書からは分からないお金の流れが見えてきます。 その他、資金繰表の雛型も一例ですが確認しました。 業績を上げることも会社に...

レッスンお疲れ様でした。 今回もご質問にお答えする形で進める中で、特に「預り金」の説明と決算書類の内の科目明細の預り金の内容について精査しました。 預り金は、主に社員の給料から天引きした社会保険料や所得税が中心で、社員本人が支払うものを会社が支払い行為を代行するために一時的に預っるものと考...

レッスンお疲れ様でした。 今回は銀行口座の管理方法について検討しました。 現在、いろいろな口座から支払いをしているので、売掛金入金や営業上の経費等の支払口座をできるだけ一つに集約して、他の口座は借入金の返済のみにしていくと、お金の流れが掴みやすくなってきます。 また、資金計画も立てやすく...

レッスンお疲れ様でした。 前回に続き、損益と収支の違いについて説明しました。 ほとんどの収益、費用は預金の入金(収入)と出金(支出)を伴いますが、次期がずれてきます。 さらに、費用のうち減価償却は支出が発生しないものです。 逆に借入金の返済は費用ではありませんが、支出するものですので、...

レッスンお疲れ様でした。 今回は資金繰りと損益の違いについて説明しました。 資金繰りは入金と出金の予定表なので、会社の損益(業績)とは全く別のものと考えてください。 売上が上がっても実際に入金になるのはその先ですし、仕入や経費の支払いも帳簿に記帳された日よりも後になるため、利益があがって...

レッスンノート ページ先頭へ